ショコラティエに向いている人、適性

お菓子作りが大好きな人

ショコラティエの仕事は、生活の全てをかけてチョコレート作りと向き合うことです。一人前の職人になるまでの修行も大変厳しいですし、職人になってからは毎日ひたすら厨房に立つ日々になります。

実力がついてからも、常に新作のアイディアを考えるなど仕事に追われることになります。本当にお菓子作りが好きでないと、こうした日々を乗り越えていくことはできません。

子どもの頃からお菓子作りが大好き、おいしいチョコレートのためなら何でもがんばれる、新しいレシピを考えるのが何よりも楽しい! という人にとって、最高のやりがいを感じられる仕事です。

美的なセンスのある人

チョコレートというのは、食べ物でありながらも、ある意味では芸術品と呼べるほど美しいものです。

とくにショコラティエの作るチョコレートは高級品であるため、自分へのとっておきのご褒美や大切な人へのギフトとして購入するお客さんが多く、美しさが重要な要素となります。

ショコラティエは色や形、模様、ラッピングなど細部にわたってこだわりを見せなければいけません。「おいしい」だけではなく「美しい」チョコレートを追求することができる美的センスのある人に向いている仕事です。

几帳面で細かい作業が得意な人

チョコレートはちょっとした工程の違いで風味や食感が大きく変わってしまう食べ物です。

チョコレートを扱うプロであるショコラティエは、常にその日の温度や湿度、使用するカカオの品質を考慮しながら、最適な工程を考えて作業をしなければいけません。

高品質なチョコレートを作り続けるためには、細かい調整をいとわない几帳面さが不可欠です。几帳面な人ほど、この作業で力を発揮することができます。