ショコラティエの生活

朝は早く、夜は遅い生活

ショコラティエの生活は、朝は早く、夜は遅いのが一般的です。通常、個人経営の店舗やホテルに入っている菓子店などのお店がオープンするのは大体10時ごろです。

この時間までに商品を作り上げてショーケースに並べなければいけないので、仕込み等の作業のためにはどうしても朝が早くなるのです。

また、夜も20時頃まで営業している店舗が多く、閉店後にミーティングをしたり片づけをしたりするとどうしても遅くなってしまいます。

さらに、ショコラティエは営業時間中のほとんどの時間を、立ちっぱなしで過ごすことになります。

チョコレートを作るための作業や商品のラッピング、販売など、あらゆる作業において「座って作業をする」という時間はほとんどないのです。ショコラティエの生活には、ある程度のタフさが求められることになります。

イベントの多い冬が繁忙期に

お菓子を販売する店舗は、たいてい土日祝日も営業しているため、ショコラティエも基本的には土日祝日などにも出勤することになります。休暇は平日の閉店日に取るということが多いようです。

また、高級なチョコレートは大切な人への贈り物として購入されることが多いため、一年の中でもクリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーの直前が最大の繁忙期となります。

とくにバレンタインデー前には大量の予約注文が入ることがあり、この注文に間に合わせるために、閉店後にも夜遅くまで残って作業することが多くなります。

こうした繁忙期に比べれば、夏場のほうがチョコレートの需要は減る傾向にあるので、ショコラティエにとっては「夏よりも冬が忙しい」というのが例年の決まりごとになっているのです。