ショコラティエになるための学校

製菓を学べる専門学校へ

チョコレートのプロフェッショナルであるショコラティエとして働くためには、製菓に関する基本的な知識や衛生面を守るためのノウハウを身につける必要があります。

こうした勉強をするための近道が、製菓について学べる専門学校に入学することです。

製菓の専門学校は全国にあり、履修期間は1~2年ほどになるのが一般的です。「食品科学」や「食品衛生学」「菓子の歴史」などの授業を受け、お菓子作りの基本を幅広く学びます。

学校によっては年次が上がるとともに「洋菓子」「和菓子」「製パン」などとコースが分かれていき、より専門的な実習ができるようになっています。

ショコラティエをめざすのであれば、「洋菓子コース」「パティシエ科」などを選択するとよいでしょう。

製菓の専門学校の良いところは、とにかくたくさんの実習経験を積むことができるところです。

学校に行かずにいきなり菓子店に就職して修行をする道もありますが、この場合だと最初は店内の清掃やレジを担当したり先輩ショコラティエのアシスタントをしたりすることからのスタートになります。

そのため、自分自身でチョコレート作りをさせてもらえるまでには長い時間がかかります。

その点、学校では授業を通して実際に菓子を作れるうえに、道具の扱い方やラッピングのコツまで丁寧に指導してもらえるので、さまざまな経験を積むことができます。

資格を取得できることも

学校によっては、有名店で現場実習ができたり、実際に自分たちの作った菓子を販売するイベントを設けていたりするので、こういったチャンスがあるのも魅力のひとつです。

また、効率的に菓子作りに関する資格を取得できることもあります。たとえば「製菓衛生士」や「食品衛生責任者」「菓子製造技能士検定」などです。

こうした資格を取得することで就職先の幅が広がったり採用の際に有利になったりすることがあるので、学生のうちに一生懸命勉強して早めに資格を取得するのもよいでしょう。