カイロプラクター三輪 健彦さん

1970年9月2日生まれ。神奈川県茅ケ崎市出身。大学卒業後、2006年RMIT大学カイロプラクティック学科日本校(現TCC:東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック)卒業、同校講師となる。2011年TCC外来部長に就任。

HP:東京カレッジオブカイロプラクティック

カイロプラクターという職業を目指したきっかけを教えてください。

父が医者だったため、医療職にはもともと興味がありました。

ですが、私がこの道に進んだ直接的なきっかけは、四年制大学を卒業後、会社員として働いていたときに自動車事故に遭ってしまったことでした。

椎間板ヘルニアになり、会社にも行けなくなって。あらためて「人の健康を手助けする仕事がしたい」と思うようになったんです。

それから、どのような経緯でカイロプラクターになられたのですか?

会社を辞めて、まずは整体の学校に通いました。

しかし、卒業後に私が感じたのは、「これくらいの勉強量で患者さんを診てもいいのだろうか」ということでした。

日本の整体の学校の多くは、未経験者でも半年や1年ほどでカリキュラムが終了します。

ですが、本来「人の体を診る」ということは、ものすごく重大なこと。医師のように専門知識や技術の習得にも、相応の時間をかけなくてはならないと思ったのです。

そこでいろいろと調べた結果、整体やカイロプラクティックという仕事は日本では民間資格ですが、カイロプラクティックについては国際基準の勉強ができる学校が一校あるということを知りました。

それが、いま私が働いている「TCC(東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック)」の前身校である「RMIT(ロイヤルメルボルン工科)大学カイロプラクティック学科日本校」でした。

そして、しっかりと勉強をし直そうと、その学校へ入学したんです。

カイロプラクティックの学校ではどのようなことを学ばれたのですか?

私が入学した当時は5年制の学校でした。

入学後はまず、医師を目指す人と同じように解剖学や生理学などの基礎医学を2年くらいかけてみっちりと学びます。

もちろん座学に加えて実技も。そしてカイロプラクターとはどうあるべきかという倫理観の話、また、カイロプラクターが法制化されていない日本でどのように働いていけばいいのかといったことまで幅広く学びました。

5年間というのは、ものすごく長い時間のように思えます。

そうですね。現在、当校は4年制になっていますが、合計のカリキュラムは5年制の時と同じ4200時間~4300時間におよびます。

ちなみに、一般の4年制大学では約2600時間といわれています。この数字だけを比較しても、当校ではいかに膨大な量の勉強をするかがおわかりいただけるでしょう。

ですが、それだけ学んで、初めて僕らは人を診ることができるということなんですよね。

日本にはカイロプラクティックの国家資格がありませんから、多くの人は、そこまで難しい勉強をしなくてもいいという感覚があるかもしれません。

でも勉強をするということは、つまり危ない施術をしないか、患者さんの利益を守れる人かということにつながると思います。

世の中にはカイロプラクティックについて学べる学校がたくさんありますが、何が違うのでしょうか。

国際的に見てみると、カイロプラクターの教育については世界保健機関(WHO)が指針を示しており、カイロプラクティックが法制化されている国では、カイロプラクティックは大学もしくは大学院レベルで学ぶことになっています。

そして、カイロプラクティック教育のあるべき姿については「カイロプラクティック教育審議会(CCE)」という国際的な教育認証組織が定めており、その組織から認証を受けた学校を卒業することで、初めて国際的に認められた「カイロプラクター」と呼べるのです。

日本では、その認証を受けた学校、つまり世界的に認められているカイロ教育を受けることができるのは、当校のみとなっています。

なお、WHOに所属している世界カイロプラクティック連合の日本代表団体である「日本カイロプラクターズ協会」の会員の多くは、この学校の卒業生です。

日本で「カイロプラクター」と名乗る人は3万人以上いるとされていますがが、そのうち世界基準での勉強をしている人はほんの数パーセントだと思います。