地方公務員のやりがい、魅力

地域を元気にすることができる

地方公務員は各自治体において、地域そのものをよくしたり、そこに住む人たちが安心して、快適に暮らせる環境をつくるためのさまざまな仕事をします。

制度の整備や補助金の交付など、地方公務員だからこそできる仕事が多々あります。その仕事をすることによって、地域が元気になっていくための力になれることは、まさに地方公務員ならではのやりがいだといえます。

また、地方公務員は地域密着型の仕事が多いため、直接住民の声を拾い上げる機会も多々あります。住民の確かな反応を得ながら仕事に取り組んでいく充実感、喜びを得ながら働けることでしょう。

社会の役に立っている実感が味わえる

地方公務員の仕事は、民間で働く場合とは異なり、自社の売上や利益を追求することを目的としていません。それよりも「自分のやる仕事で世の中をいい方向に変えたい」という気持ちを持って、そのために全力を尽くせることは、この仕事のやりがいといえます。

たとえ小さなことであっても、自分が考えて行動したことによって、世の中がよりよい方向へ変わっていく。地方公務員はその喜びを感じられる仕事であるため、何よりも世のため、人のために役に立ちたい気持ちが強い人にとっては、とても魅力的な仕事だといえるでしょう。

多くの人と関わりながら仕事ができる

行政の仕事は、多くの人と関わりながら進めていくものです。同じ部署や他部門の職員はもちろん、関連機関との調整や連携が必要な場面も多々出てきます。

ときには県と市町村が連携してイベントを開催することもあり、日々新しい出会いがたくさんあります。そして、こうした出会いの中から信頼関係を築き上げることが、仕事をスムーズにこなすことにもつながります。

地方公務員として地域住民を代表する気持ちを持ち、人との関わりを大切にしながら仕事を続けていけることも大きなやりがいだといえます。