地方公務員に向いている人、適性

社会や人の役に立ちたい気持ちが強い人

地方公務員は、法律で「全体の奉仕者」と定義されており、いつでも公共のために働くことが求められます。もちろん、世の中には公務員以外にも人の役に立つ仕事がたくさんありますが、とりわけ公務員の場合は「社会全体のため」という意識を強く持っている必要があります。

そのため、世の中や人の役に立ちたいという気持ちが強い人であれば、地方公務員にはピッタリです。また、社会をよりよくするといった観点から、正義感があり、公正・公平を重視して動けるような人も地方公務員には向いているといえます。

地域住民に寄り添って頑張れる人

地方公務員は、公務員のなかでも各自治体において「地域密着型」の仕事をしています。住民が何を求め、何を不安・不満に思っているのか。日々、こうした住民の生の声を拾い上げて、行政の活動に生かしていく必要があります。

こうした仕事をしていくには、地域に対する愛情と、住民のあらゆる意見に素直に耳を傾ける姿勢が必要とされます。財政難や人口減少などさまざまな問題を抱える自治体も少なくない今だからこそ、「地域をもっとよくしたい!」という熱い気持ちを持って頑張れる人こそが、地方公務員には向いているといえるでしょう。

素直に物事に取り組める人

地方公務員の多くは、3年程度でさまざまな職場を異動します。当然、異動のたびに新しい仕事を覚える必要がありますし、職場の人間関係もまた一から構築していかなくてはなりません。

地方公務員の仕事は実に幅広いものとなっているため、ときには希望とはまったく異なる部署に配属されることもあるかもしれません。

しかし、たとえやりたくない仕事であるからといって、いちいちモチベーションを落としてしまっては、地方公務員は務まりません。

こうした変化を「成長のチャンス」と前向きに捉え、いつでも素直に目の前の物事を吸収していける人であれば仕事を早く覚えていくことができますし、周囲からも信頼される人になれるでしょう。