市役所の公務員の仕事

市役所にはさまざまな部署がある

地方公務員の代表的な勤務先となるのが、自治体の市役所です。ただし、市役所といっても実にさまざまな部署があり、それぞれが各職場で担当の業務をこなしています。

市役所の組織は、大きく「生活・暮らし」「健康」「環境・まちづくり」「管理」などに分かれています。各部門において、道路や公共施設の建設、生活から出るごみの収集や焼却処理、健康増進や福祉助成、地域の製作や将来計画などを行いながら、住民が安全で快適に過ごせるための仕事を行っています。

市役所において、このような部門は仕事内容ごとに、さらに細かく「課」に分かれています。

たとえば、住民の暮らしに関わるものであれば「住民課」「納税課」「国民健康保険課」、健康や福祉に関わるものであれば「健康増進課」「医療助成課」「子育て支援課」といった具合です。

市役所で勤務する公務員は、これらの各課に配属となり、窓口で住民の対応や事務処理などを主に行っています。なお、市役所では人事異動が多く、だいたい2~3年ごとにさまざまな課を渡り歩くことになります。

市役所の仕事は楽?

一般的に、「市役所の仕事は楽で休みも多い」というイメージが根付いてるようですが、市役所で働く公務員のすべてがそうとは限りません。

実際、市役所といっても規模はさまざまであり、政令指定都市など大きなところは比較的業務量が多く、忙しいとされています。一方、地方の小さな市役所では、毎日ほぼ定時で帰れるようなところもあるようです。部署や時期によってもまちまちといえるでしょう。

なお、市役所勤務で最も忙しくなるのは、地域で災害が発生した場合です。現場に駆り出され、夜を徹して仕事をするようなこともあります。公務員である以上、住民のために働くことが求められるからです。

また、選挙がある際には立ち合いや開票を行ったり、週末に地域のイベントがある際には勤務しなければならないこともあります。

たしかに、市役所の窓口業務などはルーティンの仕事も多いため、それを楽に感じることもあるかもしれません。ただし、配属先や状況によって忙しさには波があると考えておいたほうがよいでしょう。