地方公務員になるには

地方公務員試験を受験する

地方公務員になるには、地方公務員試験を受けて、採用される必要があります。

地方公務員試験は地方自治体が独自に行っているため、試験内容や受験資格は地域によって異なりますが、多くの場合、レベルに応じて「上級(大卒程度)」「中級(短大卒程度)」「初級(高校卒程度)」と分けて行われます(東京都の場合は「Ⅰ類」「Ⅱ類」「Ⅲ類」)。

なお、この分類は基本的に試験の難易度の目安を示すものであり、学歴要件ではありません。高卒~大学院を修了した人まで、あらゆる人に受験のチャンスがあるといえます。

ただし、自治体によっては初級を受験できるのは高卒者のみといったように制限をかけているところもあるため、詳しくは受験要項を確認してください。

試験区分について

地方公務員試験は、各試験のなかで「行政」「土木」「建築」「機械」「電気」などの区分別に行われます。

行政であれば事務職、土木や建築などであれば各技術職として、それぞれが担当業務に当たります。文系・理系のどの学部出身者でも地方公務員になれるチャンスがありますが、区分によって出題内容や採用人数が異なるため、どの試験区分で受験するかを考える必要があります。

なお、その他の試験区分として、「環境検査」「水産」「心理」「福祉」など、専門職に当たる区分の試験を別途実施する自治体もあります。これらは職種によっては受験に際して必要な資格・免許があるため、こちらも事前に確認してください。

試験内容

地方公務員試験は、基本的に第1次試験(筆記試験)と第2次試験(面接)の二段階制となっています(第3次試験が実施される自治体もあり)。

最終合格者になると、採用候補者として職種ごとに作成する採用候補者名簿に成績順に登載され、本人に就職の意向確認等を行ったうえで、採用予定者数に応じて採用内定者が決定されます。

つまり、最終合格者になった人全員が内定をもらえるわけではないということです。

内定者となった場合、原則、採用試験が実施された年の翌4月1日以降に採用され、各職場に配属となります。