高卒の地方公務員

高卒で地方公務員を目指すには

地方公務員試験は、高卒から大卒あるいは社会人経験者などまで、幅広い学歴や経歴の人が受験できるものとなっています。

ただし、試験の種類によって年齢制限や学歴制限があり、受験に際してはその要件を満たす必要があります。

高卒者が受けられる試験もいくつかありますが、代表的なものは「地方公務員初級(3類)」試験です。この試験を実施するのは、都道府県庁や政令指定都市、市役所などです。

試験は職種ごとに「区分」として分かれており、いわゆる役所で事務を行う「事務(行政)」のほか、「土木」「建築」「機械」「電気」などの試験が実施されています。それぞれ募集人員や試験内容が異なります。

このほか、自治体によっては公立学校や警察組織において事務の仕事に携わる「学校事務」「警察事務」の募集がかけられることもあります。

警察官と消防官

公安職である「警察官」や「消防官」も、地方公務員として高卒の人が大勢活躍しています。これらは大卒、短大卒、高卒それぞれ別の区分で試験が実施され、試験のレベルも異なります。

高卒と大卒の違いは?

大卒者が受けられる試験は、上記に挙げた職種のものよりも幅広くなっています。たとえば、専門職として「環境検査」や「心理」「福祉」「衛生監視」といったような、特別な資格や免許が必要とされる職種を募集する自治体もあります。

これらのほとんどは、短大卒あるいは大卒者向けとなっています。

また、初任給や出世スピードにも違いがあります。高卒者よりも、大卒者のほうが数万円程度高めに設定されていること、また大卒者は幹部候補生として採用されるケースも多く、高卒よりも昇進しやすい傾向にあります。

しかし、高卒者のほうが大卒者よりも早く現場に出ているため、仕事を覚える面では有利な面もあります。