国家公務員と地方公務員の違い

仕事内容の違い

公務員といっても、その種類や仕事内容は多岐に渡ります。

国家公務員と地方公務員の違いを見ていくとき、最もわかりやすいのは役割の違いです。大まかにいうと、国家公務員が国家の運営に関連した業務を行うのに対し、地方公務員は住民の生活に密着した業務を行います。

国家公務員は、中央省庁や外局・国会・裁判所などの国家機関に勤務します。全国あるいは国際社会を視野に入れた企画の立案・執行に携わるため、その仕事のスケールも非常に大きなものとなります。

具体的には、政策立案、予算編成、法令整備、国会対応、統計調査、渉外など、国家の運営に直結する大きなプロジェクトに携わります。

地方公務員は、県庁や市役所をはじめとする自治体組織に勤務します。地方行政から企画の立案・執行に携わるため、国家公務員と比べると仕事のスケールは小さくなりますが、プロジェクトの全体を通して携わることができたり、地域住民に密着した仕事ができるという特徴があります。

具体的には、健康の促進、環境整備、教育や福祉の充実、文化やスポーツ活動の推進など、住民の生活をよりよくするための仕事に深く携わっていきます。

なり方と種類の違い

国家公務員になるためには、国家公務員試験を受ける必要があります。国家公務員試験は「総合職」と「一般職」に分かれており、前者は主に政策の企画・立案等の高度な知識や技術等を要する業務を担い、後者は主に事務処理等の定型的な業務を担当します。

このほか、「専門職」である国税専門官、財務専門官、労働基準監督官、航空管制官、外務省専門職員、航空保安大学校学生、海上保安学校学生、海上保安大学校学生、気象大学校学生になるための試験が別途行われています。

地方公務員になるためには、それぞれの自治体ごとに行われる地方公務員試験を受ける必要があります。この試験は、基本的に「上級(大卒程度)」「中級(短大卒程度)」「初級(高卒程度)」に分かれており、採用後は、さまざまな部署を経験しながら特性に合わせた職場に就きます。

「事務職」として行政事務や学校事務、警察事務、消防事務に携わる人のほか、「資格免許職」として福祉や保育士、保健師、栄養士として働く人、また「公安職」として警察官や消防官として働く人など、地方公務員といっても職場や仕事内容は多岐に渡ります。