地方初級公務員とは

「初級」とは何か?

地方公務員試験について調べていくと、しばしば「初級」「中級」「上級」といった表記を目にすることがあります。

これらの違いを簡単に説明すると、その試験のレベルの目安を示しています。初級は高卒程度、中級は短大卒程度、上級は大卒程度です。

なお、この「初級」「中級」「上級」といった区分は、決して学歴要件を示しているわけではありません。年齢などの応募条件を満たしていれば、上級を高卒者が受けることもできるというわけです。

ただし、自治体によっては学歴制限を設けており、たとえば初級と中級は大卒者が受けられないようにしているなどのケースも見受けられます。これは自治体によって状況が異なるため、応募要項をよく確認してください。

ちなみに、東京都においては大卒程度レベルは「1類B」、短大卒程度は「2類」、高卒程度は「3類」といった区分で試験を行っています。

都道府県に採用されて働く公務員

続いて「地方初級公務員」という呼び方ですが、これは都道府県に採用されて働くための公務員試験のうち、初級レベルの試験のことをいいます。

なお、政令指定都市における試験は「政令指定都市職員試験」といったように表記されることもあります。

市役所の試験は別途行われており、これもレベルの目安ごとに「市役所初級」「市役所中級」「市役所上級」と分けられています。全体として、市役所の試験より都道府県の試験のほうが難易度が高いとされています。

地方初級公務員の仕事内容と給料

配属先によっても異なりますが、初級で事務職に就く場合、一般事務や学校事務などの事務処理、窓口対応が中心となります。

なお、初級で採用された人は、上級や中級に比べると初任給が低めに設定されているほか、昇進・昇任スピードに差が出る場合もあります。ただし、これは自治体の規模によっても異なり、大都市のようにどんどん出世するのは上級のみとされているところもあれば、小さなところでは上級と初級でほぼ出世ペースに差がない場合もあるようです。