シェフの志望動機、面接

シェフを目指すきっかけは?

「料理が好き」「食べることが好き」「手に職をつけたい」…。そんな思いからシェフを目指す人が多いようです。

シェフになるには料理人としての技術やセンスを身につけるために、何年もの修行に耐えなければいけません。

給料も駆け出しのころは少なく、休みもなく体力勝負の世界ですから、つらさはあってもそれに負けない「好き」という気持ちや「絶対この仕事で食っていきたい」といった確固たる思いがなければシェフになることは難しいでしょう。

少々簡単ではあるきっかけかもしれませんが、そのきっかけに込めた強い思いがシェフの道へと導いてくれるはずです。

志望動機ははっきりしているほうがいい

志望動機は、自分の将来のビジョンが見えているほうがいいといえます。

というのも、応募者は多少の差はあれど食に興味があり、食べることが好きで、手に職を持ちたいと思っている人たちです。

そんななかで「僕も、私も食に興味があるから」では志望動機としては弱いでしょう。

仮に店へ面接に行くとして、その店に決めた理由を考えてみましょう。

「店の味を知っていて、自分も同じ味を作ってみたいと思った」といった理由であれば、店主は「自分の店の味を好きで来てくれた」「味の傾向を理解した上で応募してくれた」と好意的に受け取るでしょう。

または「将来は自分の店を持ちたい」などの動機も有効です。

なぜならしっかりとした目標を持っているということは、ゴールに向かって自分が何をしなければいけないか、何を学ぶべきかが見えている、と店主は解釈できます。

それだけ前向きに取り組める、真剣な思いと意欲がある、ということは店にとってプラスになるということです。

店主はスタッフを育てることも仕事のひとつです。

であるなら、少しでも前向きに取り組む姿勢のあるスタッフを採用したいと思うはずです。

今一度、自分自信がどういった動機でそのお店に入りたいかを考えてみることが大切です。