シェフに必要なこと、求められるもの

食に興味があること

西洋料理の仕事は体力面、精神面でもハードなため、「この仕事が好き」「もっと料理を知りたい」といった絶対的な食への興味や好奇心がなければ続かない仕事です。

たとえば「この料理をもっとおいしく作るにはどうしたらいいのだろう?」「おいしい料理をもっと食べたい、それを作りたい」といった気持ちを持っていれば、食に対する興味が豊富といえます。

西洋料理は日々進化し続けているため、シェフになった後も常に研鑽が必要です。そのため、飽くなき料理への探究心や食への興味や欲が最も大切なのです。

体力があること

たとえ一人前のシェフになれたとしても、早朝から深夜まで仕事は山ほどあります。

そのうえ厨房での作業は立ちっぱなし、鍋やフライパン、食材など重いものを上げたり下げたりするために腕も太くなります。

一例として挙げると、100人規模のホテルの厨房における男女の比率はおおよそ9:1。男性の割合が圧倒的に多いことからもわかるように、厨房での仕事は体力勝負なのです。

しかし大変なのは最初のうちで、慣れてくれば体力がついてきます。

学ぼうとする姿勢、向上心があること

いくら体力があり、好奇心があっても先輩からの教えを聞く姿勢がなければ成長はありません。

もしくは「教えない(かわりに自分の技を盗め)」という厳しい現場もあることでしょう。

どちらにせよ、食材や技術を勉強する、技を先輩から盗むといった前向きな姿勢が一人前になる近道です。

また飲食の世界は調理法や食材など日々進化しており、新しい情報を得て仕事に活かすことが一人前になっても求められますし、業界で生き残る方法です。

シェフとして活躍するためには、日々の勉強・知識の蓄積は欠かせません。

忍耐力があること

現場に入ると片付けや掃除、下ごしらえなどの下積みから始まります。

最初は包丁も握らせてもらえない期間がありますが、投げ出さずに続けましょう。

下積みは一見雑用に思えるかもしれませんが、整理整頓や厨房の衛生管理、順序立てて調理するクセづけなど仕事をするうえで重要なポイントを身につける絶好の機会です。

片付けひとつをとっても、経験を重ねた先輩と自分自身とではまったく違うはずです。

現場で経験すること全てが自分の糧になると思えば、どんな作業でも心をこめて行えるでしょう。