CGデザイナーの仕事内容

パソコンでCGを作成する

CGとは、コンピューターグラフィックスの略です。CGデザイナーは、コンピューター(パソコン)を駆使してグラフィックスを制作することが基本的な仕事となります。

具体的には、専用のCG作成ソフトを使用し、2D・3DのCG制作を始めとしアニメーションなどの動きがあるものまで手掛けます。

3次元CGの技術の進歩とともに、映画やゲーム、アニメーションだけでなく、建築や車、機械の設計など、CGの活用の場が広がってきています。

CGデザインの作業の流れ

CGデザイナーの仕事はデッサン画を元に物体の形状データをおこす作業(モデリング)から始まります。次に、コンピューター上の形状データに質感を貼りつけ、画面上に配置をします。

どの角度から見るのかという視覚を設定し、光源を与えて、リアルな形状をつくりあげていきます。形状ができあがったら、さまざまな効果を追加していき、必要であれば動きの設定をして完成となります。

一般的にはこれらの一連の作業は分担して行われます。二次元のグラフィックデザインと比較し、三次元CGの作成は非常に手間がかかります。

求めている業界は多い

今の時代、どこを観てもCGで制作された映像・画像が見ることができます。インターネットにて少しネットサーフィンをしただけで、そのCGの量は容易に感じることができるかと思います。

また、映画・テレビ・アニメの世界では必須技術であるため、そちらの業界でもCGデザイナーを求める声は多いです。他にも、建築事務所が作成した設計図を元にCG化をしてプレゼンをするための映像を制作という仕事もあります。

一見実写と思われるようなところでもCGが使われていることも多く、ここでは紹介しきれないほどの多種多様な業界がCGデザイナーを求めています。

特に前述した映画などの映像系は慢性的に人手不足のため特に求めている声が強いのが現状です。

在宅で仕事も可能

仕事の内容によりますが、CGデザイナーはCG制作する環境さえ整っていれば在宅でも仕事ができる業種です。これは非常に大きいメリットで、女性が育児などで出社できない状況でも臨機応変に対応することができます。

また、女性ならではのデザインが求められる仕事があるのも事実で、優秀なCGデザイナーであれば育児をしながら納期を緩めてでも制作して欲しいと思っている企業もあります。