CGデザイナーの給料・年収

一般企業に勤務の場合

勤務先の企業や地域によって異なりますが、300万〜500万が平均的な年収となります。業界全体としてはあまり良い待遇とは言えません。

基本給が安く、残業代で年収・収入をアップさせているというのが現状です。ただし、スキルを身に付けるための修行の場と割り切り、将来独立してフリーでCGデザイナーをやっていくと思えば、修業期間ととらえることもできるでしょう。

また、長年CGデザイナーをやっている方というのは総じてデザインの仕事が好きという気持ちをもっているため、「趣味のようなものでお金がもらえるなんて…」と語っているデザイナーも存在します。

大手企業で評価されている場合

そもそも大手のゲーム会社などでデザイナーの仕事をしていれば、一般職でもそれなりの額を貰っています。数字的には一般的なサラリーマンの年収の上位クラスぐらいです。

ここで紹介したいのはデザイナーとしてのスキルが高く名前が売れているような場合です。たとえば、某ゲーム会社の主力ソフトのデザインで良いポジションについている方です。そうなってくると500万越えは当たり前で、企業側も独立されないように報酬の面で優遇することも多いです。

需要が高まっている職業であるため、技術や経験によっては好待遇で採用されることもあります。

フリーの場合

フリーのCGデザイナーの収入はまさにピンキリです。下は限りなく0円に近いデザイナーも存在し、上を見れば1000万越えもざらに存在するという給与各社が激しい状況です。

ただし、仕事自体はたくさんあるので、一定のスキルを持っている人であれば、ある程度の収入は稼げるようです。

上の1000万越えは、それこそ各々の業界でトップレベルの評価を受けているような名前の通っている人物です。スキル次第では高収入を得ることも夢ではありません。