CGデザイナーになるには

資格と専門学校は有利

CGデザイナーとして働くために、必ず必要な資格や学歴はありません。CGを使ったデザインの仕事さえできれば、誰でもCGデザイナーになることができます。

しかし、CGデザイナーとして就職するためには、芸術系の大学やCGデザインの科目がある専門学校で、デザインやコンピューターグラフィックスの基礎を学んでおいた方が、就職に有利に働くでしょう。

特に専門学校はCGデザイナーになるための登竜門的な位置づけでもあるので、可能であれば通った方がCGデザイナーになれる確率は大きいです。もちろん独学でも問題はありませんが、基礎力などの力の差はどうしても出てきてしまいます。

資格に関しても、就職するときに役立ちますし、フリーで働くときにもクライアントへ売り込むときにも役立つ分かりやすい基準です。これも、必ずというわけではありませんが、できれば持っておいた方がよいでしょう。

CGデザイナーになるには

独学からの工夫

もし、専門学校も行かない、資格も取らないという状況からCGデザイナーになるのであれば、オリジナルのCGの作品を作るというのが大切になってきます。

この職で生計を立てていくためには、自分を売り込まないといけません。そうなると「言葉」だけでは、当然難しいです。そのため、成果物を見せて仕事をもらえるようにするのが一つの工夫だと言えます。

独学の場合、スキルを証明するものがないので、そうした努力をしていくことも必要です。

CGデザイナーとして働く

CGデザイナーとして経験を重ねていき、適正が認められると、CGデザイナーを取りまとめるディレクターや、全体の予算やスケジュールを管理するプロデューサーという立場にステップアップしていきます。

CGデザイナーに求められる能力

<デッサン力>
PCに強ければCGデザイナーになれるというわけではありません。デザイン職であるため、デザイン全般に関して興味とセンスがあり、デッサン力やデザイン力があることが必要です。

<根気>
CG作成には膨大な時間がかかります。PCを使った地道な作業が続くので、根気と体力も必要となってきます。

<好奇心>
進歩が著しい領域であるため、好奇心が強く、新しいことを取り入れる柔軟性が求められるでしょう。

CGデザイナーの現状と今後の見通し

技術の進歩と共に、CGの活用のシーンが増えてきています。特にスマートフォンの普及により、ゲームやアプリのデザインができる人が望まれています。新しい技術をキャッチアップし、専門的な能力を磨いておけば、需要は多い職業と言えるでしょう。