CGデザイナーの面接

持参する作品が左右する

CGデザイナーとしてのスキルがあるというのは大事ですが、これはあくまで「最低限、満たす」という位置づけです。CGデザイナーとしてのスキルが認められてから初めて「面接」という土俵に上がることができます。

よく一次審査(書類審査)で作品を同封させ、審議するという企業が多いのはこのためです。作品を見て「これなら問題レベル」と判断して初めて「人物像」が観たくなるわけです。

他の業種と違って、履歴書以外にも提出することになるので、ある意味では特殊な流れになります。

コミュニケーション能力も必要

クライアントや、チームと一緒に作品を作り上げていくため、一人で黙々と作業することが多いとはいえ、仕事上のコミュニケーションは発生します。

誰とも話をせずに作業をしたいという人もいるかもしれませんが、それで仕事を進めることは不可能なので、苦手な方も面接時までにはある程度、能力を身に付けておかないといけません。

健康状態も大事

業種によりますが、激務になる可能性が高いです。どの職種でもそうですが、特にCGデザイナーという職種は体力勝負が大前提にあるので、つらい状況でもがんばることができるというアピールは大切です。

ですが、どんなに気持ちがあっても身体が健康でないと続かないので、健康状態には十二分に注意しておきたいところです。

精神的なタフさ

良くも悪くも、人に評価されます。いくら自分が「これは今までの最高傑作だ!」と思っても、他人から見たら「駄作」と評価される場合もあります。このときに心が折れないような精神的なタフさが求められます。

面接のときにもこういった精神的なタフさをさり気なく見てくることがあります。ちょっとしたことでは落ち込まない、指摘を受けたら前向きに改善できるように努力する、というような姿勢を見せると良いでしょう。