CGデザイナーの1日

企業に勤務しているなCGデザイナー

10:00 ゆっくりめの出社後、早速仕事を開始(CGデザイナーのような業種の会社はフレックス制が多い傾向)
12:00 昼食
13:00 仕事を再開
19:00 特に問題がなければ8時間で帰宅

※以下、納期前などの負荷が高いとき
23:00 終電帰宅(まだ余裕があるとき)
00:00 以降は、忙しさの度合いによってタクシーで帰宅
5:00 帰れる状況であれば、始発で帰宅しお風呂などでリフレッシュ後に仮眠(10:00出社)

納期間近のときは、かなり負荷が高くなってしまい、まともに家へ帰れないという状況もよくあります。ただし、比較的、緩やかな場合はフレックス制が多い業種のためゆったりと仕事ができる状況になります。

フリーのCGデザイナーの場合

サラリーマンではなくフリーでCGデザイナーをしている方は、大体が自宅兼作業場となるため、追い込みのときにはほぼ作業をし続ける状況になります。

さほど負荷が高くないときには、気分によって仕事量をコントロールできるメリットがあります。

在宅で仕事をする主婦の場合

6:30 起床 朝御飯・弁当を作る
7:00 子供・夫をお越し朝食
7:30 学校・職場へ送り出した後、洗濯などの家事
8:30 家事がひと段落しひとまず休憩
10:00 CGデザイナーの仕事を開始
12:00 昼食
13:00 CGデザイナーの仕事を再開
17:00 子供が帰宅後、家事を再開(夕食や洗濯物など)
18:30 夫・帰宅
19:00 夕食
20:00 家事を再開(洗い物など)
21:00 お風呂
22:00 プライベートな時間を楽しむ
24:00 就寝

小学生の子を持つ場合は、上記のように学校へ行っている間にCGデザイナーの仕事をこなします。平均して4〜6時間ほどが仕事に掛けられる時間となります。

納期前など負荷が高くなるときには、プライベートな時間を仕事に充てるなどし、最悪の場合には睡眠時間を削って仕事をこなすようになります。

ただ、幼稚園児ぐらいの子供がいる家庭では、なかなかまとまった時間を取ることが難しく効率が悪くなってしまいます。