カジノディーラーの生活

カジノディーラーの生活は派手?

よく映画のワンシーンで見られるきらびやかなカジノのイメージのせいか、そこで働くカジノディーラーも、リッチな生活をしているのではないかと思う人が少なくないようです。

しかし、決してカジノディーラーは高給取りばかりではなく、むしろ低い給料で働いている人も多いのが事実です。

最初は町の小さなカジノでしか雇ってもらえず、経験を積むことで徐々に働けるカジノのグレードも上がっていく、というのが海外で働くカジノディーラーの一般的な流れとなっているようです。

大半のカジノディーラーは「時給」で給料をもらっていますが、小さなカジノの場合、その額は日本円にして800円程度であることも珍しくなく、チップもあまりはずんでもらえないため、最低限の生活をするだけの収入を稼ぐだけで一苦労ということもあるようです。

ゲストからチップを多くもらえればたくさん稼ぐことも可能になりますが、そこまで派手な生活をするのは難しい場合も多いようです。

下積みからスタートするのが基本

このように、いきなりカジノディーラーとして大きく稼ぐのは難しいため、しばらくは他の仕事と掛け持ちをしながらカジノディーラーとしての腕を磨いていく人もたくさんいるようです。

職人や料理人の世界と同様、カジノディーラーも下積み生活を送る覚悟をしておいたほうがよいでしょう。

カジノは基本的に24時間、年中無休での営業となっているため、ディーラーはシフト制で不規則な勤務スタイルになる可能性があります。

夜勤が入るだけでも大変ですが、仕事の掛け持ちをするとなると、とても忙しい日々を送ることになるでしょう。

ただし、実力をつけてグレードの高いカジノで働くチャンスを掴むことができれば、一般的な会社員の平均年収以上を稼ぐことも夢ではなくなります。

さらに、カジノディーラーからステップアップし、スーパーバイザーやピットボス、シフトマネージャー、ゲームマネージャーといったように昇格していくことで、カジノディーラーよりも良い待遇で働いていけるようになります。