カジノディーラーの需要、求人募集状況

海外での需要は高い

カジノディーラーは、現状、お金をかけるカジノが合法化されていない日本国内ではほとんど需要がないものの、海外では一般的な職業のひとつとして認知されており、需要も高いです。

カジノで有名なアメリカ・ラスベガスには、なんと200以上ものカジノが点在しているといわれます。

そのほか、オーストラリア、香港、韓国、モナコなど、カジノが合法になっている国はいくつもあり、そこではたくさんのディーラーが活躍しています。

日本人であっても、カジノディーラー養成学校を卒業した人の一部は、そのまま海外へ渡り、現地でディーラーとしての働き口を探しています。

あるいは、海外の学校(カレッジなど)へ留学し、さらにカジノに関する知識・技術を深めてから仕事を探す人もいます。

海外で働く場合、カジノディーラーとしてのスキルを備えていることはもちろん、言語や文化の壁、ワーキングビザあるいは永住権の取得といったハードルもクリアしなくてはなりませんが、本当に海外で働きたいという強い意志があれば、本場のカジノで働くディーラーを目指すことは十分に可能です。

国内で働きたいのなら

「海外で働くのは不安なので、日本国内でカジノディーラーとして働きたい」という人もいるかもしれません。

しかし、先に挙げた通り、まだ日本ではカジノ解禁になっていないため、残念ながら本場と同様にお金をかけるカジノで働く道は閉ざされてしまいます。

とはいえ、日本にもカジノの雰囲気を模擬的に楽しめるアミューズメントカジノ施設は存在しており、そこではカジノディーラーとして身につけたスキルを発揮することができます。

アミューズメントカジノの場合、さほど経験やスキルを問わない施設もあるようです。

そのほか、国内外のクルージングをする豪華客船であればカジノを備えていることが多く、そこでの求人もあります。

日本では求人数がそこまで多くない分、情報を探すのが大変かもしれませんが、カジノディーラー養成学校では就職先に関する情報提供やさまざまなサポートも行っているようです。