ケースワーカーの仕事内容、役割

ケースワーカーの役割

ケースワーカーとは、身体上や精神上などの理由によって、日常生活を送るうえでさまざまな困りごとを持つ地域住民の「相談援助業務」に就く人のことをいいます。

ケースワーカーの元に寄せられる相談内容は、生活保護に関するものから高齢者や病気を抱えている人の介護、あるいは不登校の児童についてなどまで多岐にわたります。

ケースワーカーは、こうした日常生活を送るうえで精神的、肉体的、社会的に困難を抱える人々の相談にのり、医師をはじめとする医療関係者などと連携をとりながら必要な援助を行います。

代表的な活躍の場は全国にある福祉事務所ですが、児童相談所や老人福祉施設、病院などで相談員として働く職員もケースワーカーと呼ばれることがあります。

ケースワークとは

ケースワーカーが行うケースワークは、日本語では「個別援助技術」と訳されます。

これは、一人で解決することが困難な問題・課題を抱える対象者が主体的に生活できるように支援、援助を行う福祉的な援助技術のことを指します。

ケースワーカーの業務は、まず「面接員」が対象者の相談にのることから始まります。

それによって、必要な援助の種類や方法を決定すると、「地区担当員」が家庭訪問や面接を行って収入や住宅事情などの生活実態を把握し、さらに具体的な援助の方針を立てていきます。

援助が開始されてからは家庭訪問や面談などを通し、生活の状況を把握したり必要に応じて援助内容の変更手続きを行ったりしながら、対象者への支援を継続します。

ソーシャルワーカーとの違い

ケースワーカーと同じような仕事として、しばしば「ソーシャルワーカー」という職名が挙げられます。

ソーシャルワーカーとは、もともとは社会福祉の仕事に携わる人を総称していましたが、最近は国家資格である「社会福祉士」を持つ人のことを示すことが一般的となっています。

ソーシャルワーカーは、細かく分けていくと、さまざまな呼ばれ方をします。

たとえば、病院で相談業務に携わる人は「メディカルソーシャルワーカー」、精神に障害を抱える人の相談援助を行う人は「精神科ソーシャルワーカー」といった具合です。

大きく見れば、これらの仕事はすべてソーシャルワーカーの中に含まれています。

そして、公的機関で働くケースワーカーもソーシャルワーカーの一部だといえ、実際の業務はケースワーカーもソーシャルワーカーも近しいところがあります。

また、両者の線引きは曖昧であり、場合によっては民間の病院や施設で相談員として働く人もケースワーカーと呼ばれることがあります。