ケースワーカーの仕事内容、役割

ケースワーカーの役割 ケースワーカーとは、身体上や精神上などの理由によって、日常生活を送るうえでさまざまな困りごとを持つ地域住民の「相談援助業務」に就く人のことをいいます。 ケースワーカーの元に寄せられる相談内容は、生活 … 続きを読む

ケースワーカーの一日

ケースワーカーの代表的な職場は、全国の都道府県および市区町村に置かれた福祉事務所です。 福祉事務所にはケースワーカーのほか、保健師や医療ソーシャルワーカーといった福祉に関する専門職員が在籍し、地域住民の相談に応じながら、 … 続きを読む

ケースワーカーのやりがい、魅力

広い専門知識を発揮できたとき 福祉の仕事に対して「大変そう」というイメージを抱く人も多いですが、実は、ものすごくやりがいがある仕事だといえます。 とりわけ、公的機関において地域住民のさまざまな相談にのるケースワーカーには … 続きを読む

ケースワーカーの現状と将来性

社会の変化と生活保護世帯の増加によりニーズが拡大 国の調査によれば、近年の日本における生活保護世帯は少しずつ増加傾向にあり、約160万世帯にも上るとされています。 また、このうち65歳以上の高齢者世帯が約半数を占めており … 続きを読む

ケースワーカーとケアマネジャーの違い

介護分野に精通し、介護の計画を立てるケアマネジャー ケアマネジャーとは、法律上では「介護支援専門員」といい、要介護者およびその家族と介護サービスを提供する施設をつなぐ、橋渡し的な立場になる仕事です。 対象者一人ひとりの困 … 続きを読む

公務員のケースワーカー

ケースワーカーの多くは公務員 一般的に、「ケースワーカー」という職名を挙げるときは、福祉事務所などの公的機関において、地方公務員として働く人のことを指します。 社会福祉主事の任用資格を取得し、地方公務員試験(福祉職あるい … 続きを読む

病院で働くケースワーカー

「ケースワーカー」という言葉は、一般的には福祉事務所などの公的機関において、病気や障害などの理由によってさまざまな困難を抱える人の相談にのり、病院や福祉施設などの関連機関と連携をとりながら、相談者一人ひとりに対して必要な … 続きを読む