ケースワーカーの資格

社会福祉主事の資格が基本

ケースワーカの代表的な活躍の場は全国の福祉事務所であり、ここで相談援助業務に携わるためには、基本的に「社会福祉主事」の任用資格が必要となります。

社会福祉主事とは、福祉事務所の現業員(家庭訪問・面接・生活指導などの現業を行う所員のこと)として任用される者に要求される資格で、福祉事務所には必ず有資格者を置くことが法律で義務付けられています。

この資格を取得するためには、主に、学校教育法に定める大学・短期大学において、社会福祉に関する指定科目を履修して卒業するか、厚生労働大臣指定の養成機関や講習を修了する必要があります。

なお、社会福祉主事は任用資格であるため、ただ持っているだけでは効力が発揮されません。

取得後、自治体の地方公務員試験を受けて相談員としての職に配属されると、はじめて社会福祉主事の資格を取得したこととなり、ケースワーカーとして働くことができるようになります。

児童福祉司の資格

福祉事務所と同じく公的機関である「児童相談所」において相談援助業務に携わる人も、ケースワーカーと呼ばれることがあります。

ここで児童の措置を担当する場合には、「児童福祉司」という任用資格が必要となります。

児童福祉司の資格取得方法は、以下の通りです。

1.4年制の大学で、心理学・社会学・教育学のいずれかを修めて卒業する
2.小・中・高等学校いずれかの教員免許を所持する(教科は不問)
3.地方厚生局長指定の児童指導員養成施設を卒業する
4.高校等を卒業し、児童福祉施設で2年以上の実務経験を得る
5.3年以上児童福祉事業に従事する

児童福祉司は、社会福祉主事と同様に地方公務員試験を受けて採用され、その名称の職に就いたときはじめて効力が発生する任用資格です。

社会福祉士の資格が必要となる場合も

ケースワーカーと非常に似た仕事として「ソーシャルワーカー」があります。

一般的に、ソーシャルワーカーといわれる場合には「社会福祉士」の国家資格取得者を意味しますが、ケースワーカーとの線引きは曖昧なものとなっているのも事実です。

場合によっては、ケースワーカーとして募集されていても社会福祉士の資格が必要となることもあるため、採用情報を見る際には、応募条件をよく確認しておきましょう。