ケースワーカーになるには

社会福祉主事の資格を取得

ケースワーカーは、主に都道府県や市区町村に設置された福祉事務所などの公的機関で働いています。

なるためには、まず「社会福祉主事」の任用資格を取得する必要があります。この資格の取得方法は複数ありますが、代表的な方法は以下の2通りです。

1.大学や短大の社会福祉学系学部などで社会福祉に関する科目を履修する
2.厚生労働大臣指定の養成機関や講習を修了する

上記の(1)に関しては、厚生労働省の「指定科目」のうち、3科目を履修して卒業することで、社会福祉主事任用資格を得ることができます。

社会福祉系学部以外、たとえば文学部や経済学部でも、指定科目を履修することができれば資格取得は可能です。

(2)関しては、指定された専門学校で学ぶ方法が一般的です。厚生労働大臣が指定する福祉系の専門学校で2年以上学び、卒業することで社会福祉主事任用資格が得られます。

このほか、国家資格である「社会福祉士」あるいは「精神保健福祉士」を取得していると、社会福祉主事の任用資格があるものと見なされます。

地方公務員試験を受験

気を付けておきたいのは、社会福祉主事は「任用資格」であり、ただ持っているだけで効力を発揮するものではないという点です。

そのため、先に述べた方法などによって社会福祉主事任用資格を取得したのちは、各自治体が行う地方公務員試験を受験する必要があります。

自治体によって、「福祉職」など社会福祉関連職種の採用区分を設けている自治体と、「行政職(いわゆる事務職)」として採用するところがあります。

この試験に合格し、福祉事務所の現業職として配属されることで、はじめて「ケースワーカー」と名乗って仕事ができるようになります。

ただし、地方公務員の仕事はさまざまあります。

福祉職として採用された場合は、ほぼ確実にケースワーカーとしての業務に就けるようですが、行政職として採用された場合には、社会福祉以外の部門に配属される可能性もゼロではありません。