ケースワーカーの勤務時間、休日、残業

勤務時間

地方公務員の行政職として働くケースワーカーの勤務時間は、基本的に8:30~17:15であり、1週間当たりの勤務時間は38時間45分となっています。

ケースワーカーは、主に役所の社会福祉課や福祉事務所で地域住民の対応を行っていますが、業務は日中の時間帯に進めるため、シフト勤務になることや、夜勤は基本的にありません。

なお、非常勤やアルバイトとして働く場合には、これよりも短時間の勤務となることもあります。

いずれにしても、決められた時間内で確実に業務をこなすことが求められます。

休日

ケースワーカーの休日は、土・日・祝日が休みの週休2日制です。

生活保護受給者に対する家庭訪問を行う場合、対象者の都合によっては休日に出なくてはならないこともありますが、基本的には平日の勤務時間内で行うこととなっており、休日出勤の頻度はそこまで高くないようです。

休暇としては、1年間に20日(4月1日採用の場合は15日)付与される年次有給休暇をはじめ、産前産後休暇、育児参加休暇、介護休暇、短期介護休暇、慶弔休暇、夏季休暇など、さまざまなものがあります。

残業

ケースワーカーの残業の状況は、配属先やその時の業務の状況によってだいぶ異なるといわれています。

忙しいとされるのは生活保護に関わる業務です。

この場合、家庭訪問など事務所の外で行う仕事も多々あり、とりわけ保護者の多い区域では1人のケースワーカーが受け持つ人数も増えがちとなるため、どうしても業務量が増大し、残業をせざるを得ないこともあります。

また、対象者の抱える問題・課題は一つひとつ異なるため、事前に時間が読みにくい面もあります。

難しいケースが重なったりする場合などは、遅くまで残業しなくてはならないこともあると考えておいたほうがよいでしょう。