結婚、子育てしながらケースワーカーはできる?

ケースワーカーは激務?

ケースワーカーは、男女関係なく活躍できる仕事です。

力仕事は基本的にありませんし、ケースワーカーが接する対象者には若い人から高齢者まで、また心身に障害を抱える人などさまざまな人がいるため、女性ならではの思いやりや細やかさが生かせる面も多々あります。

しかしながら、いざ働き始めるとなれば、将来的に結婚や出産をしてからも仕事を続けられるかどうか、という点は誰もが気になるところでしょう。

一般的に、ケースワーカーの仕事は激務だといわれることが多いようです。

たしかに、ケースワーカーの業務のひとつである家庭への訪問調査は対象者の都合や状況次第となるため、定時を過ぎても仕事を続けなくてはならない日もあります。

ただし、順調に進めばほぼ定時で上がれる日もあるなど、プライベートを完全に犠牲にして働かなくて張らないといったこともありません。

どのような仕事でも、たいてい忙しい時期と落ち着いている時期があるものですから、さほど心配する必要はないでしょう。

公務員であることの魅力

ケースワーカーは基本的に公務員として働きます。そのため、給料はもちろん、待遇や休暇制度などに関しても他の公務員と同様のものが適用されます。

結婚、育児に関するものであれば、産前産後休暇や育児休業制度、また子どもが小さいうちは時間短縮による勤務をすることも可能です。

各自治体とも、最近では女性の活躍推進をうたっており、ワークライフバランスを重視して働ける職場づくりに取り組んでいます。

公務員であれば、仕事と家庭を両立させるための制度に関してもしっかりと整っているため、仕事に対する熱意を失うことさえなければ、無理なく続けていくことができるはずです。

実際、先に掲げたような制度を利用して、家庭と仕事を両立させている女性もたくさんいます。

決して楽な仕事ではない

とはいえ、ケースワーカーの仕事は決して楽で簡単なものではありません。

最近は景気の情勢などから生活保護の新規申請が増加傾向にあり、このような業務に携わるケースワーカーの仕事量も増えているようです。

また、人の生活に深く関わっていくこと、またクレームなども直接受ける機会が多いことから、体力というよりも精神面でのストレスが大きく、自分自身が思い悩んで仕事を辞めてしまう人もいるようです。

そうなると、人員不足で一人当たりのケースワーカーが担当する案件数が増え、より忙しさが増すこともあります。