病院で働くケースワーカー

「ケースワーカー」という言葉は、一般的には福祉事務所などの公的機関において、病気や障害などの理由によってさまざまな困難を抱える人の相談にのり、病院や福祉施設などの関連機関と連携をとりながら、相談者一人ひとりに対して必要な援助を行う人のことをいいます。

しかしながら、この言葉の定義には曖昧な部分があり、民間施設などで福祉の相談員として個別援助に当たる人もケースワーカーと呼ばれることがあります。

ここでは、福祉事務所以外の場で活躍するケースワーカーの例として、病院で働くケースワーカーの仕事について紹介します。

病院での仕事とは

病院で働いている人といえば、皆さんは医師や看護師、リハビリスタッフなどの姿を思い浮かべることがほとんどでしょう。

しかしながら、病院によっては「ケースワーカー室」といった専門の部屋にケースワーカーを置いているところもあり、病気やケガを抱える患者さんやその家族に対して支援を行っています。

このような場でケースワーカーが相談を受ける内容は、入院や受診に関すること、退院後の生活について、医療費の支払いに対する不安、介護の方法、医療保険や福祉サービスの利用方法など、多岐に渡ります。

ケースワーカーは医療福祉の専門家としてあらゆる相談にのりながら、相手に適した制度やサービスを提案し、問題を解決していきます。

ケースワーカー以外の職名であることも

病院で働くケースワーカーは、しばしば「ソーシャルワーカー(医療ソーシャルワーカー)」といった風に呼ばれています。

また、精神に障害を抱える人に対して専門的に相談業務を行う人のことは「精神科ソーシャルワーカー」とも呼ばれます。

「福祉を中心に生活の相談にのる」といった点ではケースワーカーもソーシャルワーカーも似たような仕事ですが、言葉の使われ方は施設によってもまちまちであるため、仕事内容などからどのような業務を行うのかを判断するようにしましょう。