ケアマネジャーの役割

ケアマネージャーは、その名称からもわかるように介護を必要とする人(要介護者)のサポート役を務めます。

要介護者が公的な介護サービスを受けながら、よりよい日々を送ることができるための手助けをするという重要な役割を担っています。

そんなケアマネージャーの役割について、より詳しく紹介していきましょう。

ケアマネジャーは介護サービスの指南役

ケアマネージャーは、「要介護認定」を受けた人に対して、どのような介護サービスを使えばよりよい生活を送られるかを指南する役割を担っています。

高齢化社会を迎えている現代の日本において、介護サービスはさまざまな種類があり、要介護者やその家族が、どういったサービスをいつ使えばよいのか選ぶことはかなり難しいことです。

そこで、ケアマネジャーは下記のようなことを一手に引き受けています。

・介護サービスやサービスを行う事業所の情報を収集する
・担当する要介護者一人ひとりに合ったサービスを紹介する
・介護サービス等の利用計画を立てる
・実際にサービスを利用した後のフォローをする

ケアマネジャーは、要介護者やその家族からの相談にのったり、サービス利用者の希望をヒアリングしたうえで、適切な介護保険サービスが受けられるようにケアプランを作成します。

そして、関係機関との連絡や調整を行います。

ケアマネージャーは、介護サービスの幅広い知識を持ち、要介護者が必要とするサービスは何かを察することができなくてはなりません。

要介護者を取り巻く「チーム」の調整役

在宅介護を受けている要介護者の場合、多くが複数のサービスを利用することになるうえに、家族の存在、かかりつけ医の存在など、たくさんの人が関わってきます。

そんな要介護者に関係するすべての人やモノを一つの「チーム」とするならば、ケアマネージャーはそのチームの調整役といえるでしょう。

とくにケアマネージャーが主催し行われる「サービス担当者会議」は、サービスを利用している要介護者やその家族、介護サービスを提供しているすべての事業所の担当者、かかりつけ医などが出席し、よりよい支援が受けられるための話し合いをする場となっています。

ケアマネージャーは会議の主催者として、日程調整や司会進行役もこなさなくてはなりませんから、ケアマネージャーの力量が試される場でもあります。

介護のなんでも屋

今回、代表的な2つの役割をご紹介しましたが、ケアマネージャーはその他にも数多くの役割を担っており、いわば「介護のなんでも屋」といっても過言ではありません。

そんな側面からも、介護を必要とする人や、その家族からの信頼は絶大です。

担当する要介護者が、自分の計画したサービスを利用することで自立度が改善した時の喜びは何ものにも代えがたく、やりがいに満ちた仕事といえるでしょう。

仕事体験談