ケアマネジャーの仕事で大切にしていること (体験談)

相談しやすい関係づくり

ケアマネジャーとしてまだ働きだして間もないので、わからないことばかりです。

書類の書き方や提出のタイミングなど、そんなことであれば上司に聞くことも可能ですが、上司以外の社外の人的ネットワークというものを活用していくことが大切だと思っています。

たとえば、地域のよって違いはありますが、わたしの働く行政区では、居宅介護支援事業所のケアマネジャーは利用者の認定調査をすることがあります。要介護を決めるための大事な利用者調査です。

これによって、利用者が介護保険をどれくらい利用できるのか決まってきます。

「要介護1」であるのと要介護が認定されず、要支援になってしまうのとでは、サービスの使える範囲が変わり、利用者の方の負担もそれによって変わってきます。

ケアマネジャーの調査の仕方や書類の書き方次第というところがあるので、こういった大事なことは、上司だけではなく、行政の担当者に直接問い合わせたり相談したりできると仕事がしやすいです。

他にも、ケアマネジャーは福祉用具や住宅改修の業者の情報を詳しく把握しておいたり、地域包括支援センターの主任ケアマネジャーとも普段から話しやすいようにしておくことで困ったときに1人で抱えこむことがなくなり、負担が減ります。

信頼関係を築く

利用者やそのご家族との信頼関係はとても大事なことです。どこの誰かも分からない人が、ある日突然、家の中に入ってきて、困っている家族の中に入っていくのですから、人によってはとても抵抗を感じるものです。

初めての面接の時から、ケアマネジャーはその辺りを意識して行動するようにします。

なんといっても、利用者の方やご家族と話しやすい関係を築くことが大切だと思っています。中立的な態度というものが大事で、利用者の方だけの話しを聞くのではなく、ご家族や介護者の話も十分に聞くことが、この仕事の大事なところです。

家族の人間関係に深く入り込みすぎず、心理的な距離感にも気をつけておかないと、ケアマネジャー自身が心身ともに疲れてしまうというころがあるようです。

信頼関係は簡単に作れるものではありません。受け入れられやすいように初対面のときから気をつけ、また、何か問題が起こったときはスピーディーに対応できるようにしておくことも大事です。

わたしは、利用者やご家族からちょっとした質問、たとえば、ご家族から「車いすのレンタル料は今月の何日に引き落としになるの?」という問い合わせがあれば、すぐに業者に電話を入れて、回答するように努めています。

ちょっとした約束であっても、必ず守る。信頼関係は日々の細かな対応で決まってくるのです。

仕事体験談