居宅介護支援事業所で働くケアマネジャー

居宅介護支援事業所はどんなところ?

「居宅介護支援事業所」は、在宅で介護を受けているお年寄りに居宅介護サービスを提供するために必要な支援をおこなう場。

すべての業務をケアマネージャーが主体となっておこなっています。

居宅介護支援事業所の具体的な業務内容は

・要介護認定申請及び介護保険関連のさまざまな手続きの代行
・在宅介護に関する相談窓口
・介護サービスを利用するために必要な居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
・デイサービスや訪問介護など、介護サービスを提供する事業者との連絡調整

などが挙げられます。

居宅介護支援事業所のケアマネジャーの仕事とは?

居宅介護支援事業所のケアマネージャー1人が担当する利用者は35人以下と法令で定められており、通常は1人の利用者を1人のケアマネージャーが担当しています。

ケアマネージャーの仕事は、まず利用者であるお年寄りのもとへ足を運び、介護に関する相談や要望を聞き出すことが重要。

休日や夜間は交替で緊急専用電話を携帯し、緊急の要件があればすぐに利用者のもとへ駆けつけます。

また、業務をこなす一方で、更新研修や実務従事者基礎研修、専門研修など、専門性を高めるための研修にも参加しなければなりません。

居宅介護支援事業所のケアマネジャーは介護現場から離れた事務屋のようなイメージを持たれることもありますが、そのイメージとは真逆にフットワーク勝負の仕事なのです。

ある居宅介護支援事業所の一日

訪問介護ステーションを併設する、ある居宅支援事業所のケアマネージャーの一日を追ってみることにしましょう。

9:00

出社

9:00〜10:00

申し送り簿の確認。夜間〜早朝までの問い合わせ対応。

一日の予定に合わせた書類の準備。(訪問介護のスタッフとは揃って顔を合わすことが少ないため、朝礼は行わず各自申し送り簿や個人ファイルを確認しサービスに変更がないか、異常はなかったかを確認します)

10:30〜12:30

2件のお宅に訪問。利用者の状態やサービス内容の確認をおこなうモニタリングと来月のサービス計画表の配布をおこないます。

12:30〜13:30

昼休憩

14:00〜15:00

サービス担当者会議。利用者と訪問介護ステーションの管理者とその他の介護サービス事業所の担当者を交え、現在のサービスについて意見を聞くほか、利用者の要望にあわせてサービス内容の変更を話し合います。

15:30〜18:30

サービス担当者会議から来月のサービス計画表を作成。新規の利用者のケアプラン作成。電話対応などをこなします。

18:30〜

帰宅。緊急時用の電話を携帯し夜間の問い合わせに備えます。

居宅介護支援事業所のケアマネージャーの役割

一般のお年寄りは介護サービスの知識をほとんどもっていません。そのため、与えられるサービスをそのまま利用しているのが現状です。

居宅介護支援事業所のケアマネージャーは利用者のお年寄りの代弁者として、担当するお年寄りに今何が一番必要なのかを考える役割を担っています。

サービス優先ではなく、お年寄りの立場に立った支援を行うことが求められます。

仕事体験談