ケアマネジャーになったきっかけ (体験談)

介護を支える新しい職種として

わたしは短期大学で福祉を学び、介護福祉士の資格を取得し、新卒で特別養護老人ホームに就職したばかりでした。

介護福祉士として働きはじめて間もなく、介護保険制度が始まりました。まだ、当時は制度が整っていなくて、ケアマネジャーという職名は新しく、どんな仕事なのか広く知られていませんでした。

ただ、この新しい仕事がこれからの日本の高齢化社会を支える重要な役割であることはわかりました。

そして、ケアマネジャーの資格を取るためには5年以上の実務経験が必要で、基礎資格が看護師や医師、薬剤師、社会福祉士、そして介護福祉士などであることが条件とわかり、「自分もまだ介護福祉士として働きだしたばかりだけど、5年間の実務経験の後にケアマネジャー資格の受験チャンスが巡ってくる」となんとなく将来の期待を寄せたのです。

どのように社会が変革していったとしても、長く福祉の世界で生きていくためには資格は大事と考え、介護の仕事のキャリアアップとしてケアマネジャーを目指すようになりました。

居宅介護支援事業所で働く

ケアマネジャーを目指している介護福祉士やヘルパーは多いです。

多くの介護職員にとって、介護の肉体労働がきついので、いつかは自分もケアマネジャーの資格を取って、介護業務を辞めたいという話をよく聞きます。

介護の資格は、ヘルパーや介護福祉士など比較的難易度が低く、とりつきやすい資格であると思います。一方のケアマネジャーは、介護業務の経験や知識、介護保険制度など、試験の難易度も高めで、資格の取得のハードルが高いです。

しかし、より介護支援に専門的に取りかかれる仕事と考えたとき、資格取得の困難さは納得できます。そして、その試験をクリアすることを目標として働く現場の介護職員は多いのです。

また、ケアマネジャーが考えたプランによって利用者の生活が一変してくことがあります。ケアマネジャーが介護保険制度の窓口となって、利用者を支援していくことは、この仕事の魅力の一つです。

仕事体験談