ケアマネジャーの研修の概要

試験合格後の最初の研修

ケアマネジャーになるには、まず「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格した後、定められた「介護支援専門員実務研修」、通称「実務研修」を修了して交付を受け、登録するという手続きをふまなくてはいけません。

ケアマネジャーに合格した後にこの実務研修を受けるのですが、これがケアマネジャーの第一歩となる初めての研修となります。

ケアマネジャーの試験の実施主催である都道府県が研修を行います。

ケアマネジャーの試験合格通知とともに、実務研修の概要や受講案内が同封された書類が郵送されてきます。原則として、試験終了後の1年以内に44時間以上の研修カリキュラムを受けなくてはいけません。

各都道府県によって受講日程は違いますが、1月ごろが多いようです。合格した人が一斉に会場に集まることになるので、数百人といった大人数の人が集まります。

研修内容は、だいたいは、前期の講義と演習、実習、後期の講義と演習といった流れで実施されているようです。グループワーク学習も多く組まれています。

この実務研修を全課程出席したら、修了証明が発行されます。

ケアマネジャーとして名簿に登録され、研修修了の約1カ月後に登録証明書が発行されます。個人のケアマネジャー登録番号を得て、有効期限内にケアマネジャーとして働くことが可能です。

1年未満の人が対象の「基礎研修」

スキルアップのための研修もあります。実務従事者基礎研修、通称「基礎研修」は、ケアマネジャーとなったのちに受ける研修です。働きだして、1年未満の人が対象で、33時間の研修内容となっています。

基礎研修の受講が修了したら、次は「専門研修Ⅰ」という流れになります。

5年更新の研修体系

ケアマネジャーの資格を維持するには、5年ごとに更新のための研修を受講しなくてはいけません。この更新研修は、ケアマネジャーとして実務経験のある人とない人とでは時間が異なります。

「専門研修Ⅰ」では、実務経験6カ月以上3年未満の人を対象に、33時間の研修が行われます。ケアマネジャーとして働いて6カ月を超えたら、「専門研修課程Ⅰ」を受講します。

「専門研修Ⅱ」では、実務経験が3年以上の人を対象に、20時間の研修が行われます。ケアマネジャーとして実務に従事している中堅の人が対象となる研修です。

また、ケアマネジャーを5年以上働いた人や日本ケアマネジメント学会が認定した認定ケアマネで3年以上の実務経験を得た人、ケアマネジメントリーダー受講者でケアマネジャーとして3年以上働いた人、地域包括支援センターに配置されている主任ケアマネジャーに準ずる人など、実務経験や専門研修Ⅲを修了した人たちを対象に、「主任介護支援専門員研修」があります。

主任介護支援専門員研修の研修時間は64時間です。

仕事体験談