ケアマネジャーとソーシャルワーカーの違い

介護や福祉に関係する職種にはさまざまなものがあり、その違いがわかりにくいという声もあるようです。

ここでは、ケアマネジャーとソーシャルワーカーのさまざまな違いについて見ていきましょう。

仕事内容、役割の違い

ケアマネジャーの仕事は、要介護認定を受けた人やその家族と、介護保険サービスの橋渡しを行うことです。

正式名称を「介護支援専門員」といい、介護保険サービスを必要とする人の相談にのったり、要介護認定の書類作成を行ったり、実際にどのような介護サービスを提供していくかを記載したケアプランを作成したりします。

ソーシャルワーカーの仕事は、病気やけが、あるいは高齢や障害などを抱える人やその家族に対し、日常生活を送るうえでのさまざまな不安や困りごとの支援をすることです。

対象者にアドバイスや指導を行い、相手の早期社会復帰や社会参加を支援していきます。

ソーシャルワーカーは、介護分野に限らず社会福祉全体に関わっていくという特徴があります。

ソーシャルワーカーの仕事

資格の違い

ケアマネジャーは、介護保険法に基づく資格であり、なるためには各都道府県が実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」への合格が必要です。

ソーシャルワーカーは、その職業名そのものに資格があるわけではありませんが、一般的には国家資格である「社会福祉士」を持って働く人のことをいいます。

社会福祉士は、日本で初めて誕生した社会福祉専門職の国家資格で、社会福祉士及び介護福祉士法に基づくものとなっています。

社会福祉士の資格を取るためには、福祉系の大学などで学び、国家試験に合格するなどの必要があります。

社会福祉士の仕事

活躍の場の違い

ケアマネジャーのおもな活躍の場は、居宅介護支援事業所や介護保険施設といった場所になります。

そのほか、グループホームや有料老人ホーム、ケアハウスなど、さまざまな介護施設がケアマネジャーの就職先となります。

接する相手は、介護を必要とする高齢者や、その家族が中心となります。

ソーシャルワーカーは、高齢者福祉施設や障害者福祉施設、医療機関、教育機関、行政機関などがおもな勤務先となります。

勤務先によって子どもから高齢者まで、幅広い年代の人と接することになります。

仕事体験談