「ケアマネジメント」とはどんな仕事?

ケアマネジャーの仕事「ケアマネジメント」とは?

ケアマネジメントと聞いても「いったいどんなことをするの?」と首をかしげる人も多いのではないでしょうか。

今回は、ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事「ケアマネジメント」についてわかりやすく紹介してみましょう。

お年寄りが「社長」なら、ケアマネージャーは「秘書」

ケアマネージャーの仕事を例えるならば、「秘書」のような存在といえばわかりやすいでしょう。

日々のスケジュール管理や、取引先との会議や会合の調整など、秘書の仕事はつねに先を見越し、「何が社長にとって必要になるか」を考えながら業務にあたります。

ケアマネージャーも、利用者であるお年寄りにとって、

「どんな介護が必要なのか?」
「どのような生活を望んでいるのか?」

ということを察することができなくてはなりません。

その上で、どのような介護を、どういった時に、どこのサービス事業所で介護を受けるのかを計画し、実際にサービスを利用できるまでにすることが「ケアマネジメント」です。

ケアマネジメントに必要なスキルとは?

ケアマネジメントをおこなうのはケアマネージャーだけではありません。ソーシャルワーカー(社会福祉士)や障がい者施設の生活相談員も同じマネジメント業務をおこなっています。

そんなケアマネジメント業務で最も必要とされるスキルが「コミュニケーション力」です。

お年寄りや生活弱者の方々を支援するためには、まず相手から「私のはなしを聞いてほしい」と思われることが大切です。

どんなことでも相談できる相手になることで、利用者の性格や嗜好、生活歴、家族関係などを知ることができ、それによって得た情報を総合的に判断した上で、はじめてその人に合った介護や支援をおこなうことができるのです。

また、利用者だけでなく、関係する介護サービス事業所との連携にもコミュニケーション力は不可欠です。

サービスを利用する際の問い合わせから始まり、利用者と事業所間のトラブル対応、サービス担当者会議の主催など、ケアマネジメントすべてが人と人とのコミュニケーションで成り立っているといっても過言ではないのです。

コミュニケーション力を身につけるためには?

ケアマネジメントに必要不可欠とされるコミュニケーション力。しかしケアマネージャーすべてが最初からコミュニケーション力に長けているわけではありません。

コミュニケーション力をつけるには、経験と失敗を繰り返すことが一番の近道。

人との接し方は相手の性格によっても異なります。多くの人と関わることで経験値を積み、相手の気持ちに寄り添えるケアマネージャーとなることが求められています。

そのためには、失敗も大切な財産。「今度からはアプローチの仕方を変えてみよう」「自分から答えをだすのはやめよう」など、失敗から学ぶものはとても多いものです。

失敗を恐れず、逆に原動力として自分の力に変えることがケアマネジメント力の向上につながります。

仕事体験談