ケアマネジャー試験の勉強法

効率的な勉強方法を見つける

ケアマネジャー試験の合格率は、年々低くなる傾向にあります。合格を目指して、多くの人は仕事を続けながらケアマネジャーの試験の受験準備をしています。

合格した人たちには、それぞれの勉強方法があるようです。社会人で時間のない中で試験を受けて一発合格をねらうには試験対策が必要です。

分厚い「介護支援専門員基本テキスト」を、ただやみくもに読んで勉強するのでは、いくら時間があっても足りません。いかに効率的に勉強するかがこの試験の大事なところです。

忙しいケアマネジャーにとって、効率的に時間を使って働くことは、必要な能力の1つですので、ケアマネジャーの試験対策の時から、将来のケアマネジャーの能力が試されているといってもいいかもしれません。

人それぞれ、性格が違うようにその人に合った勉強方法というものがあるようです。

早朝に勉強する人、土日の休みに集中的に勉強する人、暗記用のカードを持ち歩いて通勤途中や昼休みなどの隙間時間に勉強している人など、勉強方法はさまざまです。

仕事や家事の合間を見て、勉強時間を確保し、すきま時間を有効に使って勉強することが必要です。

試験勉強の方法

まずは問題集をひとつ用意し、最初は分からなくても、何度も繰り返して問題を解いてみましょう。

多くの問題集に手をつけるのではなく、メインの問題集をしっかりと解いてみることから始めるとよいでしょう。

過去問題を入手して、どういう設問パターンがあるかを把握し、問題傾向や設問パターンに慣れることも大事なことです。何度も問題を問いていくうちに、自分はどの分野やどんな問題に弱点があるのか気付くと思います。

問題集が一通り終わり、試験が近くなってきたころに、試験本番と同じ条件で模擬試験や予想問題、過去問題を行うことも有効です。

ケアマネジャーの試験には、基本的な問題が多いです。

すでに、5年から10年のキャリアのある各種専門職の人たちが受験するわけですから、自分の専門分野であれば得点を得やすいでしょう。逆に、他分野の専門分野に苦手な科目があるかもしれません。

介護系の職種の人であれば、保健医療分野の問題が苦手であったり、その逆に医療系の人は福祉サービス分野の問題が苦手ということがあるようです。

試験ではまんべんなく得点がとれるように、日ごろからこつこつと勉強して、弱点克服をして試験に臨むとよいでしょう。

仕事体験談