「販売」系の職業・仕事

ショップ店員

アパレル、雑貨などのショップで、商品管理から品出し、接客・販売など幅広く業務を行う。

店舗に立って、商品を管理して、お客さまに販売するのがショップ店員の仕事です。

ショップ店員は未経験者採用も多い職業です。

求人サイトや店頭に貼ってあるポスターなどから応募するほか、ショップ店員の派遣会社に登録して働くという方法もあります。

ショップ店員の給料は、月の手取りが17万程度とあまり良いとは言えない金額です。

ですが、歩合制がある店舗の場合は、販売成績に応じて給料がアップしていきます。

ショップ店員はお店の運営になくてはならないそんざいですが、スマホの普及にともない、お客さまはかなりネットショップに奪われています。

外に出ずとも欲しい商品が買えて、家に届く、便利なネットショップから、お客さまをいかに実店舗に呼び寄せるかはショップ店員の腕にかかっています。

携帯ショップ店員

携帯電話や周辺機器を販売する店舗に勤務し、来店した顧客の接客や問い合わせに応じる。

食品スーパー社員

おもに食料品を取り扱うスーパーに勤務し、レジや接客、発注、清掃などの業務に携わる。

食品スーパー社員の店舗業務はレジ部門、水産・鮮魚部門、精肉部門、青果部門、惣菜部門、グロサリー部門、日配部門、総菜部門などに分かれています。

実績を積むと本社勤務となり、複数店舗を統括、さらには経営戦略を練るなど中核で売り上げを支えます。

学歴不問としているところが多数で、やる気や情熱に重きを置いて採用する会社が多い業界です。

ただし、初任給や出世のスピードを考えると大卒者は有利といえます。

また経験者、有資格者は即戦力として優遇されます。

経営規模によって給与に差はありますが平均年収は450万円前後と平均的です。

ただし激務であるため、現場の満足度は低いのが正直なところです。

役職手当が充実しているので長く勤めることによるメリットは大きいといえます。

人々の生活に密着している業界であるため、倒産の可能性が低い傾向にあります。

プライベートブランド商品の開発やネットスーパーの発展など成長要素が多いのも特徴です。

納棺師

遺体が火葬される前段階において、その状態を適切に管理しながらきれいな形で棺に納める。

納棺師は、亡くなった人を棺に納めるために必要な作業を行う人のことをいいます。

衣装を着せたり、場合によっては修復作業を施したりしながら遺体の状態を管理します。

なるために特別に必要とされる資格等はなく、葬儀会社や納棺専門会社に就職して専門知識や技術を深めていくことが一番の近道となりますが、葬儀会社では多様な業務があるため、必ずしも納棺の仕事に携われるとは限りません。

専門会社よりは葬儀会社のほうが給与水準は高い傾向にあり、大手葬儀会社の平均年収は500〜600万円程度とされています。

高齢化社会が進み、納棺の儀に重きを置かれた葬儀を多数行う地域では納棺師の活躍の場が増える一方、都市部では葬儀を簡略化させる動きも見られます。

ペットショップ店員

ペットショップで接客、販売、整体管理、その他店舗運営業務に幅広く携わるスタッフ。

ペットショップ店員は、ペットショップで接客、販売、生体管理、商品管理、店舗運営の補助などに携わる仕事です。

資格や学歴が求められる仕事ではありませんが、商品のペット(愛玩動物)にはイヌやネコなどの哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、熱帯魚など観賞用の魚類、昆虫などがあり、それぞれの世話の仕方や飼い方など動物に関する多様な知識が必要です。

ペットショップに正社員として就職した場合、年収は200万円~400万円程度が平均とされており、高年収は見込みにくいでしょう。

アルバイトとして働く人も多くいます。

最近は、トリミングサロンやペットホテル、動物病院を併設する総合ペットショップが増加しており、「トリマー」資格を持っているなど、より専門的な知識や技術を有するペットショップ店員の需要が高まると考えられます。