キャリアカウンセラーのやりがい

人を助けることができる

キャリアカウンセラーが喜びややりがいを感じるのは、自分がカウンセリングを行った相談者の課題が無事に解決し、明るい表情を見せてくれたときです。

人のキャリアに関して踏み込むということは大きな責任を伴いますが、相談者に真剣に向き合えば向き合うほど、達成したときのやりがいもひとしおです。

日々成長し続けることができる

カウンセリングには絶対の正解がないため、自信を持ってカウンセリングを行ったあとでも「もしかしたら、こんな方法もあったかもしれない」と迷うこともあります。

しかし、その振り返りや反省も、キャリアカウンセラーとして成長するためにはとても大切なことです。現状で満足することなく、常に自分自身をプロフェッショナルとして成長させていくことができる仕事です。

多くの人と出会える

キャリアカウンセラーは毎日大勢の人と接します。仕事を通じ、年代や生活環境を越えてさまざまな人と出会うことができ、そこから自分の価値観が広がったり人から学べることも多くあります。

人の役に立つことや人と接することに喜びを感じる人であれば、きっとこの仕事で大きなやりがいを得られるでしょう。