キャリアカウンセラーのスキルアップ

勉強を続けることが不可欠の仕事

キャリアカウンセラーは、たとえキャリアカウンセラーの資格をとったり、企業などに就職したとしても、そこがゴールにはなりません。

毎日さまざまな相談者と接する中で新たな課題がたくさん出てきますし、簡単には解決できない壁にぶつかることもあります。

そういった時には、本を読んだり先輩に聞いたりして乗り越えていきますが、自分でも日々勉強を続け、少しでも良いカウンセリングができるように努力していくことが大切です。

スキルアップのための研修・トレーニング

キャリアカウンセラーの資格は多数ありますが、各資格を認定する団体のいくつかでは、キャリアカウンセラーのスキルアップを目的とした研修を用意しています。

たとえば、CDA資格を認定する日本キャリア開発協会では、CDA有資格者対象はもちろん、一般の人も受講できる研修を開講しています。

GCDF-Japan資格を認定するキャリア・カウンセリング協会(CCA)も同様に、キャリアカウンセラーのレベルに応じたさまざまな講座を開講しています。

こういった講座では、座学や実技を通して面談技能を高めるトレーニングを中心に、さまざまな相談のケースに対応できる力を身につけていきます。

キャリアカウンセラーの資格を取得したはいいものの、仕事としてどのように生かせばよいのか迷っている人なども、こういった講座を利用して実践力を養っているようです。

一言で「カウンセリング」といっても、自分がカウンセリングを行いたい対象者が企業に勤める社員なのか、学生なのかによっても身につけるべき知識は大きく異なります。

また「ここまでできればもう完璧」といったことはないため、キャリアカウンセラーである以上、ずっと勉強を続けてスキルアップに励むことが大切です。