キャリアカウンセラーの志望動機

人の役に立ちたい

キャリアカウンセラーは、ときに人の一生を左右する場面に関わることもあるため、重い責任がのしかかります。それでも、人間にとって避けることのできないキャリア形成に関してプロとしてきちんとアドバイスできれば、心から感謝され大きな充実感を得ることができる仕事です。

「人の役に立ちたい」という強い奉仕の心を持った人が、この仕事を目指そうと考える場合が多いです。

人が好き

キャリアカウンセラーになると、毎日毎日たくさんの人と接することになります。また、初対面の人のカウンセリングを行う機会も多く出てきます。最初から特別コミュニケーションをとることが得意でなくても、「人が好き」であることは非常に大切です。

そして「人が好きで、人と深く接する仕事をしたい」という強い気持ちから、この仕事を目指そうとする人もいます。

自身のキャリアカウンセリング経験を通して

最近は、学校などでもキャリアカウンセラーを置く場所が増えているため、キャリアカウンセリングを受けた経験がある若者も増えていると言われます。

自分自身が過去に進路やキャリア形成で悩んだ際、キャリアカウンセラーとのやりとりを通して心が楽になったことから、自分もキャリアカウンセラーを目指そうと考える人もいます。