キャリアカウンセラーの魅力

社会的ニーズがある

近年、厚生労働省はキャリアカウンセラーの育成に力を入れています。それはつまり、現在の日本社会において、この仕事が欠かせないものになっているということでもあります。

キャリアカウンセラーとして活躍するまでにはたくさんの勉強が必要になりますが、「世の中に必要とされているんだ!」という気持ちが、ステップアップのモチベーションにも繋がります。

常に需要がある

ライフスタイルや生き方への価値観が多様化している現代では、自身のキャリアで悩む人も増えています。

キャリアカウンセリングを受ける、受けないは個人の自由であるものの、この世の中で生きているすべての人間はキャリアカウンセラーのクライアントになり得るため、今後も需要が見込める仕事であると言えます。

活躍の場が広い

キャリアカウンセラーは企業や教育機関で働く人が多いですが、もっと小さなところにまで目をむければ、NPO法人やボランティア団体など、さまざまな場所で活躍できる可能性があります。

また経験を積んでスキルや知識を身につければ、独立することも可能です。まだまだこれから発展していく将来性のある仕事であることも、この仕事の魅力と言えます。

相談者の変化が見られる

キャリアカウンセリングは一回だけのものではなく、長期間にわたって複数回カウンセリングをすることもあります。カウンセリングを続けていくことによって、相談者の変化を目の当たりにすることができるのもキャリアカウンセラーの大きなやりがいになります。