キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)の講座で学ぶこと

キャリアコンサルタントの養成講習について

キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)の資格は、従来は複数の団体による認定制度があり、それぞれ応募要件や試験内容などが異なっていました。

しかし、2016年4月には「キャリアコンサルタント」が国家資格となり、この資格を取得するためには、厚生労働大臣が認定する、各団体の養成講座(養成講習)を修了することが求められるようになりました。

なお、キャリアコンサルタントの養成講習は、「特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会」「一般社団法人 日本産業カウンセラー協会」「日本マンパワー」など、複数の団体が実施しています。

即戦力として働ける力を身につける

キャリアコンサルタントの養成講習は、キャリアコンサルタントとして活躍するために必要な、幅広い知識と実践的なスキルを身につけるためのカリキュラムとなっています。

座学では、キャリアカウンセリングの歴史や、それを必要とする社会背景、またキャリアカウンセリングに関する理論を中心に学びます。

また、カウンセリング実技に力を入れているのも特徴であり、通学制の講座であれば演習やグループワークなどを通してカウンセリングの実践を行う機会も多く、現場ですぐに実践できる能力を高めることも目的としています。

なかには就職対策や就職支援を行っている学校もあります。

ただ資格取得のための理論を覚えるだけではなく、即戦力として、どれだけ現場で力を発揮できるかに力を入れている学校が多いようです。

必要なのは専門知識だけではない

こういった講座では、専門知識やカウンセリング技術の習得はもちろんのこと、人間性を育てることにも力を入れているようです。

さまざまなバックグラウンドを持つ人と深く向き合う仕事だからこそ、「ただ知識が豊富」「頭がキレる」といっただけでは、一人前のキャリアカウンセラーになるのは難しいです。

知識を得るだけなら本を読むなど独学でも可能ですが、こういった講座はキャリアカウンセラーとしての心構え、責任の重さを学ぶ場所としても、重要な役目を果たしているようです。

併せて他の資格取得が目指せるものも

たとえば、日本マンパワーのキャリアコンサルタント養成講座を修了すると、国家資格であるキャリアコンサルタントのほか、キャリアカウンセリングの民間資格として有名な「CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)」資格の取得も併せて目指すことが可能です。

また、キャリアカウンセリング協会の「GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム」を修了すれば、キャリアコンサルタントのほか、グローバル資格である「GCDF-Japanキャリアカウンセラー」にも同時にチャレンジすることができます。

このように、ひとくちにキャリアコンサルタントの養成講習といっても、団体によって内容が若干変わってくるため、受講の際にはよく比較検討して決定するとよいでしょう。