企業のキャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)

従業員のキャリア形成を支援

経済のグローバル化、急速な技術革新など、急速な変化を続けている現代社会。「働くこと」に対する価値観も変わりゆく今、企業で働く一人ひとりがモチベーションを高め、社会の変化に耐えうるキャリア形成を行うことの重要性がうたわれるようになっています。

そのようななか、最近では社内に「カウンセリングルーム」や「社員相談室」を置く企業が増えており、そこでのキャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)は従業員との面談を通じて、従業員たちが自ら働くことの意義を見出し、自己成長を遂げていけるためのサポートを行っています。

企業は人で成り立っているからこそ、個人の成長を支援することは、組織の成長を支援することにもつながっていきます。

キャリアカウンセラーは、企業にとって不可欠な存在になっているといえるでしょう。

心の問題に対するサポートも

終身雇用制の崩壊や成果主義の導入などによって「大手企業に就職すれば一生安泰」という時代は終わり、心の問題を抱える社員も増えています。

また、ブラック企業といわれるような過酷な労働環境や、職場での人間関係に悩む人も多く、それが原因となって心身のバランスを崩し、休職や退職に追い込まれてしまう人は後を絶ちません。

そこまでいかなくても、同僚や上司からのパワハラ、セクハラなどに苦しみながら、誰にも打ち明けられずに悩んでいる人もいます。

多様な価値観を持った人が大勢集まる企業は、こういったさまざまな問題が発生しやすい場所です。

企業にとって、従業員のそういった問題を見過ごさず早期に解決していくことは、生産性の向上につながります。

企業で働くキャリアカウンセラーは、キャリア相談以外にも従業員のメンタル面の悩みに触れ、必要に応じて上司へ相談・連携などを行ったり、病院など専門機関への紹介などを行って、社員たちが元気に働けるようにサポートしています。

このような役目まで担う場合には、「産業カウンセラー」といわれる、産業分野のカウンセリングスキルを示す資格を持っている外部の人間が業務委託として働くこともあれば、自社で社員として採用した人が活躍していることもあります。

産業カウンセラーの仕事

働きやすい職場環境づくりに取り組む

現代はプライベートを顧みずガムシャラに仕事だけに打ち込む時代から、「仕事と家事、育児、介護」などの両立、いわゆる「ワークライフバランス」が叫ばれるようになっています。

企業も、個々の社員の価値観や就労観の多様性を認め、育児・介護休業制度を見直したり、在宅勤務制度を整えたりとさまざまな改革を行って「働きやすい職場づくり」に取り組んでいます。

こういった人事・労務に関する新しい制度を作ったり、実際に運用していく場面においても、キャリアカウンセラーの力が求められています。

また、適材適所への人材配置を行うためにカウンセリングを行って個人のキャリアに対する価値観や目標を確認したり、早期退職希望者には第2の人生が明るいものとなるようアドバイスも行っていきます。。