働きながらカメラマンになるには

働きながら撮影技術を身につけるには

働きながらカメラマンを目指すとなると、どうしても写真やカメラについて学べる時間が限られることになります。ですので、まずは自分がどのようなカメラマンを目指すかを考えましょう。

少しでも撮影技術を現場で早く学びたいのであれば、スタジオ勤務をすることもひとつの方法です。スタジオ助手の仕事は、おもに雑用や受付などが中心と言われていますが、毎月お給料をもらえます。

また、特に広告や雑誌などのカメラマンを目指す場合は、スタジオ撮影に関することを目で見て覚えることができるため、将来に役立つはずです。なお、スタジオは「未経験者もOK」としているところもわりと多いようです。

学校で学ぶ

カメラと関係ない仕事をしながらも、カメラマンを目指したいという人もいるでしょう。そのような場合は、やはり学校で学ぶのが確実な方法だと言えます。学校によっては、昼間と夜間、いくつかの中から好きなコースを選べるようになっているため、社会人が働きながら通っていることも多いそうです。

学校では、限られた時間のなかでも効率よく技術や知識を身につけることができるでしょう。また、同じ目標を持っている仲間と情報交換をしたり、求人情報などが入ってきやすいというのも、メリットと言えます。

写真について学び、感性を磨きながら自分でたくさんの写真を撮り、多くの人に見てもらうことが大切です。そして、自分でデザイン事務所や出版社などに売り込みに行くことも必要です。