カメラマンとフォトグラファーの違い

日本国内で写真撮影のプロとして仕事をしている人は、周囲に「カメラマン」と呼ばれることもあれば、自ら「フォトグラファー」と名乗っていることもあります。どちらも似たような言葉に思えますが、これらに明確な違いはあるのでしょうか?

言葉の使われ方の違い

結論から言うと、この二つの言葉の使われ方は厳密に分けられていないことが多いようです。

ただし、テレビ番組やテレビCMを撮影する人は迷わず「カメラマン」と呼ばれるように、「カメラマン」は動画撮影も含めてカメラ全般を扱う人、それに対して「フォトグラファー」は写真オンリーの撮影を行う人という意味で使われている場合があります。

“芸術活動”として写真を撮る人

同じ写真でも、「どんな媒体で使われるのか?」によって、写真の呼ばれ方は異なります。たとえば雑誌や広告に使われるのは、いわゆる「商業写真」。一方、美術館に飾られるような絵画や彫刻と同じように「芸術写真」と言われる写真もあります。

そして、芸術活動の一環で写真撮影をしている人のことを「フォトグラファー」と呼ぶ場合があるようです。

海外では「フォトグラファー」が一般的

「カメラマン」と「フォトグラファー」は明確に使い分けされていない場合も多いですが、海外(英語圏)では、「カメラマン」という呼称が勘違いの原因になってしまう可能性もあります。

英語圏では、写真撮影をする人は“photographer”(フォトグラファー)と呼ばれるのが一般的。

英和辞書を引いてみると、“cameraman”の意味は「(映画・テレビの)撮影技師」と記載されている通り、海外で「カメラマン」と言うと、動画の撮影をする人だと思われる可能性が高いため、使い方には気をつけたほうが良いでしょう。