カメラマンになるには

プロのカメラマンになるのに、特別必要な学歴や資格はありません。なる方法もさまざまです。

美術系の大学やカメラマン養成のスクールなどで、カメラの基本的な知識や技術を身につけ、写真スタジオなどでアシスタント業務からスタートするルートが一般的ですが、ここではいくつかの代表的な方法をご紹介します。

これらが絶対というものではありませんので、あくまで参考にしながら、自分なりの道を模索していくことをお勧めします。

学校で学ぶ

ひとくちに「写真やカメラについて学べる学校」といっても、大学や専門学校、スクールなどさまざまなものがあります。

学校で学ぶことのメリットは、基礎からしっかりと知識を身につけることができるほか、特に技術面など独学で悩みにぶつかってしまったときに、すぐ先生や周りの学生に相談できる環境であること。また、求人情報などが手軽に手に入りやすいこと、などが挙げられます。

ただし、学校を卒業したからといって、そのまま自動的にカメラマンになれるわけではありません。そこから先、どのようにカメラマンとして生きていくかは、学びながら自分で考える必要があります。

カメラマンのアシスタントになる

カメラマンのアシスタントになることで、現場経験を積みながら、カメラマンに必要な知識や技術などを身につけることができます。学校を出てからアシスタントになる人もいれば、まずは数年間スタジオに勤め、それからアシスタントになる人もいます。

どんなアシスタントを採用するかはカメラマンによって考え方が違うこともあるので、スタジオなどでの現場経験がまったくなくても、熱意があればアシスタントにしてくれることもあるそうです。

アシスタントとして何年も経験を重ね、自分ならではの写真が撮れるようになると独立への道が見えてきます。

スタジオに勤める

人物や物の撮影を中心とする「スタジオ」に勤める方法です。プロカメラマンが撮影する様子を身近で見ることができるので、将来、スタジオで撮影するカメラマンを目指している人にとっては、絶好のチャンスと言えるでしょう。

独学で目指す

上記のような方法をとらなくても、本などを使って学ぶことも可能です。たくさんの写真に触れ、自分なりに「どう撮れば良いのか」考えることで、独学でも写真の腕を磨くことは可能だと言えます。

簡単ではありませんが、自分で写真集を作る、個展を開く、デザイン事務所や出版社に売り込むなどをしていくうちに、仕事をくれる人が現れるかもしれません。