カメラマンの魅力

写真で感動を与えられる

みなさんは、可愛らしい表情をしている動物の写真を見て幸せな気分になったり、美味しそうな料理を見て「食べたい!」と思ったことがありませんか?その写真も、どこかのカメラマンが撮影したものです。

このように、自分が撮影した写真によって人の心を動かし、感動を与えることができるのがカメラマンの仕事の魅力です。

たくさんの人に出会える

カメラマンはたくさんの人と出会える仕事です。一緒に仕事をするスタッフにはじまり、アシスタント、被写体となってくれる人、また仕事で出かけた先々で知らない人とコミュニケーションをとる機会もあるでしょう。

カメラのシャッターを押すのは自分一人ですが、決して孤独な仕事ではありません。写真を通じて大勢の人と触れ合うことができるのも、この仕事の魅力のひとつです。

「表現」することができる

「表現」というと絵画や演劇などが思い浮かぶかもしれませんが、写真も自分の心の中にあるものを表現することができます。

「この被写体をどのように撮るか?」その問いに対する答えは、カメラマンによって違います。写真には、撮影したカメラマンの個性がハッキリと表れます。絵画のように0から描き上げていくのとはまた違いますが、カメラを使って自己表現することができるのも魅力だと言えるでしょう。