カメラマンのカメラ、機材のこだわり

カメラは何を使う?

技術革新が進み、最近では家電量販店などで、一般の人でも手軽に一眼レフカメラを手に入れられるようになりました。

市場に出回っているカメラを見ると、数万円程度で買える比較的安価なものから、何十万円以上もする高価なものまで、幅広いことが特徴ですが、プロのカメラマンが使うカメラは、やはりハイグレードなものが多いです。

ただし、カメラマンとして働いていくうえで、どのカメラを使わなくてはならないといった決まりはありません。

カメラや機材は個人の好みが出る部分でもあり、カメラマンによって、好みのメーカーも異なるようです。

また、機材に強いこだわりを持って渾身の一枚を撮影するる人もいれば、さほどこだわりはなく、手元にある機材でパっとよい写真を撮影するような人もおり、正解はありません。

ただし、メーカーや機種によって色の出方、ピントの合い方、解像度、コントラストなど、画質を決める要素には違いがあるため、さまざまなカメラやレンズを試して、自分が「撮りたい」と思う写真に最も近づける、お気に入りの機材を見つけるカメラマンが多いようです。

カメラや機材の購入は投資と考える

カメラマンを目指していくと、とにかくお金がかかることに気付くでしょう。

プロ向けのカメラは、当たり前のように30万円や50万円もしますし、レンズもよいものは一本10万円を超えるものも珍しくありません。

さらに、ストロボ、三脚、モニターなどはピンキリですし、機械である以上、いつか壊れてしまうときもきます。

機材に凝りだせばきりがありません。

もちろん、機材だけですべてが決まるわけではなく、どれだけ高価な機材を使っても、技術のない人が撮影した写真はそれなりのものです。

技術やセンスがあれば、そこまで高い機材を使わなくても、人の心を揺さぶる写真を撮影することができるでしょう。

とはいえ、プロのカメラマンとしてやっていくのであれば、ある程度の自己投資は不可欠です。

よい機材を手に入れることでやる気も高まりますし、カメラマンとして活動していくうえでの必要経費と捉えて、本当に納得できる機材を揃えていくカメラマンが多いようです。