派遣のカメラマン

派遣のカメラマンの仕事内容

カメラマンはフリーランスで活動する人もいれば、写真スタジオなどに勤めて働く人もいますが、さらに「派遣」の形で働くことも可能です。

カメラマンの派遣サービスの需要は大きいとされており、いくつもの会社がそうしたサービスを提供しています。

派遣のカメラマンの仕事内容は、おもに撮影の「出張サービス」を行うことです。

お客さまから依頼を受けて、お客さまの希望する場所に出向き、現地で撮影を行います。

撮影の種類は記念写真やイベント、セミナーの記録、店舗や商品撮影などさまざまですが、お客さまの多様なニーズに応えられることが、出張サービスの特徴といえます。

派遣のカメラマンとして働くには

派遣のカメラマンとして働くには、カメラマンの派遣や出張サービスを手掛けている企業へカメラマンとして登録するのが一般的です。

カメラマンの場合、派遣といっても契約の種類としては「業務委託」の形になることが多く、フリーランスで働くのと同じような内容です。

しかし、カメラマンとして登録をしておけば、自分が活動できるエリアや曜日、時間帯、スキルに見合った案件が発生した際に、案件を紹介してもらうことができます。

派遣で働く場合、基本的には即戦力としてすぐ現場に出られる人が求められるため、未経験者では難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

スポーツ、報道、人物、料理、建築、商品撮影など、得意分野があれば、それもアピールしておくと、そのジャンルの案件を紹介してもらいやすくなるようです。

給料や待遇は?

派遣のカメラマンの給料は、時給制の場合もあれば、1案件ごとの報酬で設定されている場合もあります。

時給はスキルや経験に応じて5,000円程度から、高ければ1万円を超えることもあります。

カメラマン登録している人は多く、すぐに思うような案件を紹介してもらえるとは限りませんが、フリーランスで活動していくのであれば、とくに駆け出しの頃は仕事を見つけるひとつの手段として利用してもよいでしょう。

もちろん、技術力を身につけて専門性が深まれば、よい報酬が得られる案件の紹介も入ってきます。