フリーランスのカメラマンになるには

フリーランスのカメラマンとは

フリーランスのカメラマンとは、企業や団体などの組織に所属せず、個人事業主として活動をするカメラマンのことを意味します。

フリーランスのカメラマンとして働くために資格などは求められないため、簡単にいってしまえば、誰でも思い立ったその日から、フリーランスになることは可能です。

しかし、当然、それできちんと仕事をやっていけるかどうかは別問題です。

とくにフリーランスの場合、会社に任せられた仕事をこなすのではなく、自分で営業をして、案件をとってこなくてはなりません。

そのため、未経験者や経験の浅い人が、いきなりフリーランスになるのはかなり難しいことだと考えておいたほうがよいでしょう。

フリーランスになるまでの道のり

普通、技術や信用のないフリーランスのカメラマンのところに案件の依頼は入りませんから、独立までに、ある程度の信用や実績、技術を身につけておく必要があります。

フリーランスになるまでの道のりとして多いのは、出版社や新聞社、制作会社、写真スタジオなどの企業でカメラマンとして勤務したのちに独立するか、プロのフリーランスカメラマンのアシスタントとして経験を積み、そのまま自信がついたところで独立する方法です。

フリーランスになったカメラマンの多くは、それまでの経験で得たコネクションによって仕事を得ています。

この業界は人脈で成り立つところも大きいため、早くから顔を売っておいて損はないでしょう。

フリーランスカメラマンのやりがいと苦労

フリーランスのカメラマンとして働くやりがいはたくさんあります。

たとえば、会社勤めのように仕事の幅に制限がなく、自分でやりたい仕事にどんどん挑戦することができます。

また、クライアントと直接契約を交わしてやりとりするため、自分の実力を認めてもらえた際には大きな達成感が味わえます。

撮影スケジュールは案件によって決まってきますが、普段の休日や仕事をする時間も、誰かに指示されるわけではありません。

ただし、フリーランスは営業や事務といったことまで一人でやらなくてはならず、撮影をすること以外にも時間を割かなくてはなりません。

一人で抱える責任も大きくなるため、プレッシャーを感じることもあるでしょう。

また、会社勤めのように会社が決まった給料を支払ってくれるわけではありませんから、もし仕事の依頼がなければ収入が激減してしまうかもしれません。

大変なことも多々ありますが、自分の力で道を切り開き、ある程度自由にやっていきたいという人には、フリーランスの働き方は魅力的だと感じられるはずです。