カメラマンのアシスタントの仕事

カメラマンのアシスタントって?

カメラマンのアシスタントは、おもに雑用や機材整備などをします。アシスタントになると、先輩カメラマンにくっついて撮影現場を回ることになります。

機材運びや設置をはじめ、カメラテスト時のモデルになったり、カメラマンが動きやすいように立ち回ったりするのも大事な仕事。また、車の運転やアポイントメントの調整などを行うこともあります。

アシスタントのうちは、基本的に本番撮影をすることはないと考えて良いでしょう。あくまでも手伝いをしながら先輩の技術を盗みつつ、現場経験を積んでいくことになります。

アシスタントの一日

アシスタントが写真事務所などの組織で働く場合は、10時〜18時などの決まった勤務時間で働き、休日も固定されているのが一般的なようです。しかしフリーランスで活動するカメラマンのアシスタントになれば、撮影スケジュールによって勤務時間が異なる場合もあるでしょう。

いずれにしても、撮影は必ずしも日中に行われるとは限りません。ときには早朝や深夜の撮影になることもあります。自分が付くカメラマンがどんな仕事をしているのかによっても、勤務時間は大きく異なってきます。

アシスタントの苦労

カメラマンのアシスタントの仕事は肉体労働。重い機材を両手に持って歩くだけでも疲れるものですが、炎天下でダラダラと汗を流しながら歩き回らなければならないことも。

撮影現場でも、アシスタントはボーっと立っている暇はほとんどありません。常に現場の状況に気を配って動かなければならず、撮影から戻ったらグッタリ…ということも多いようです。

また、カメラマンの世界は師弟関係がしっかりしていると言われます。そのため、ときには厳しく怒られることも覚悟しておかなければならないでしょう。カメラマンのアシスタントには、精神的な強さも求められます。